被害者意識から広がる「オルト・ライト」 白人比率の減少が背景に

印刷

   「オルト・ライト」という、あらたな白人至上主義がアメリカで勢いを増している。

   「オルト・ライトは『オルタナ右翼』とも呼ばれていて、もうひとつの(オルタナティブな)右翼という意味」(鎌倉千秋キャスター)

   アメリカにおける人種差別や白人至上主義の歴史は古く、これまでも頭に白い三角頭巾をかぶった姿が特徴のKKK(クー・クラックス・クラン)やネオナチなどの白人至上主義グループが存在してきた。

   「オルト・ライトは、どう違うのか」(鎌倉)

白人は犠牲者になっているという意識

   「昔の白人至上主義は、アメリカのなかに異物が入ってきて、アメリカを汚している。だから排斥しようというものだった」「自分たちはむしろ犠牲者ではないかと言う人が出てきているのが、昔と違う」(番組ゲストで、アメリカの人種問題にくわしい渡辺靖・慶応大学教授)

   こうした背景には、白人の人口比率の減少や、経済的な問題があるそうだ。アメリカの人口に占める白人比率は、1965年には84%だったのが、2015年には62%。今後も減少する見込みだという。また、アメリカの中産階級が没落、縮小するなかで、経済的に困窮する白人も増えたそうだ。

   2016年のある調査によれば、アファーマティブアクションなどによって、「白人のほうが(黒人よりも?)差別を受けている」と考えるアメリカ白人は、全体の57%、白人労働者層では66%に上るという。

   「統計学的に見ると、(白人のほうが)寿命が長く、所得が高い。いろんな機会に恵まれているのは白人のほうだが、1人1人は肩身が狭いと感じている」(ハーバード大学で白人至上主義を研究したというパトリック・ハーランさん=タレント)

   そうした白人の若者などを惹きつけているのが、白人が虐げられていると訴え、白人の権利を主張する「オルト・ライト」の思想だという。

大統領選挙で注目浴びる

   このオルト・ライトの提唱者は、リチャード・スペンサーさん。テキサス州出身の38歳で、9年前からオルト・ライト運動をはじめたそうだ。

   「スーツとネクタイをまとった白人至上主義者と言われていて、ソーシャルメディアを駆使し、スタイリッシュさでも若者を惹きつけている」(鎌倉)

   「人種差別主義者」を自認するスペンサーさんは、トランプ大統領の支持者でもあるといい、長い間、日の目を見なかったというオルト・ライト運動は、昨年の大統領選中に一躍、注目を浴びたそうだ。「ハイル・トランプ」などと、ナチス・ドイツ風にトランプ礼賛の言葉を口にしたことでも、騒ぎになったという。

   アメリカでは、勢いを増すオルト・ライトへの反対運動も活発化し、各地で衝突が起きている。そんななか先月、スペンサーさんは活動拠点を首都・ワシントンDCの郊外に移し、トランプ政権に直接、働きかけるとともに、政界進出も視野に入れているという。

   「私は多くの政治家より優秀で、見た目も頭もよく、魅力的な存在です。(政界に進出すれば)おもしろいことになるでしょうね」(スペンサーさん)

   パトリックさんは揺り戻しを期待するしかないと言うのだが。

NHKクローズアップ現代(2017年2月21日放送 「特集トランプのアメリカ 勢いづく白人至上主義 オルトライトの実像」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中