イメージが湧かない主役たちに? 視聴者に見透かされた「月9」テコ入れ策
〈突然ですが、明日結婚します 第5回〉(フジテレビ)

印刷

   フジは迷っている。どうしたら視聴率的に当たるかばかり悩んでいる。当てようとする下心が視聴者に見透かされている間はダメだ。看板枠の月9に若い人気者を連れてきて主役にしたり、ジャニーズ系に主演させたりしてもさっぱりうまくゆかないってんで、今回はおよそ有名でない歌手を主役にもってきた。はっきり言って筆者は西内まりやも山村隆太も山崎育三郎もよくは知らなかった。名前は聞いたことがあっても、どんな活躍をしている人かイメージが湧かなかったのである。当ドラマも今まで見た限り成功とは言えない。
   ハハン、手垢がついていない人たちで大向こうに「新鮮」と言ってもらいたかったのだナ。それで、新鮮か? 悪いけど主役のオーラがないので、新鮮とも新鮮でないとも何にも感じないのである。高梨あすか(西内まりや)は銀行の優秀なOLで結婚願望が強い。名波竜(山村隆太)は有名アナウンサーで反対に結婚だけはしたくない男。この名波が、あすかと、証券マンの神谷暁人(山崎育三郎)のキスシーンを見てしまって、惹かれあっていたあすかと名波がややこしくなっている最中である。何がばかばかしいといって、あすかの両親が面白い人だと、あすかの友人たちが絶賛する父親と母親(石野真子)らの振る舞い。20代のいい年をした娘の友達にチヤホヤ気遣ってもてなす。この忙しい時代にお前らは幼稚園児の親か。(放送2017年2月20日21時~)

黄蘭

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中