「校庭の産廃ゴミ、埋め戻した」と業者 森友学園理事長は「仮置き」と主張

印刷

   とにかくキナ臭い。大阪・豊中市に学校法人森友学園が建設中の小学校用地の払い下げ問題だ。安倍首相の名前で寄付行為、昭恵夫人が名誉校長、国有地払い下げの代金が1億3400万円なのに、ゴミ処理の値引きがなんと8億1900万円。「手続きは適正に」と言いながら、財務省は「譲渡にかかる記録は残っていない」という。

   夏目三久「ゴミの撤去費用8億円は適切だったのでしょうか。搬出に当たった業者を直撃しました」

   土木工事会社の代表は、「家庭ゴミ、マヨネーズのフタ、靴、靴下、いろんなものがあって、アンモニア臭がきつかった」という。現在建築中の校舎の部分にあった汚染土は直接搬出できないので、校庭になる部分の土を取り除いて、掘った穴に汚染土を埋め戻した。「表面は綺麗な土を入れた。子供が遊び回る校庭だから」

   ところがこれに学園が反論した。HPで、「業者の証言は、産廃土を埋め戻して隠蔽したと誤認したものと思われます。産廃土の一部を地下に仮置きしたものだ」とした。「仮置き」とは言いも言ったり。明日(2017年2月28日)から、仮置き土の搬出作業を始めるとしている。

交渉記録は破棄したと財務省理財局長

   国会では連日この問題が取り上げられているが、財務省の答えは、まさに木で鼻をくくったというやつだ。「8億円分の工事、確認しました?」「相手方から適正と聞いている。売却後なので具体的には把握していない。契約上確認の義務もないし、状況を把握していない」。まるで喧嘩腰だ。

tv_20170227123506.jpg

   さらに、「交渉の記録は?」「近畿財務局と森友学園との交渉記録はございません」「契約と同時に破棄した? 隠蔽じゃないか」「......」。いずれも佐川宣寿・理財局長。

「安倍晋三記念小学校」の名前で寄付金集め

   まだある。この小学校は、「安倍晋三記念小学校」という名前で寄付金集めをやっていた。安倍首相は「名前を使われたのは遺憾で、抗議をした。教育者の姿勢としてはいかがなものかと思わざるをえない」

   学園の籠池泰典・理事長は、「名前は無断使用か?」と聞かれ、「受け取りようの問題。(安倍氏を)尊敬していたので」「許可をもらう前に動いた?」「そんなことありません。打診はしていたが、回答が来る前に早めに......」。それを、無断使用と言うんだよ。

   もう一つ、昭恵夫人がこの小学校の名誉校長だった。安倍首相は先々週の衆院予算委で、「妻から、この学校の教育に対する熱意は素晴らしいと聞いている。私の考えに共鳴している」と言っていたのだが、先週金曜日には「辞任を申し入れたところであります」

   夏目「安倍首相は初め、学園の理事長を『私の考えに共鳴している方だ』と言っていたのが、一転『教育者の姿勢としていかがなものか』と変わった」

   この森友学園が運営する塚本幼稚園では、毎日児童が「教育勅語」を斉唱している。異様な光景だ。父兄に「憲法改正」の署名を求めたこともあった。

   松井一郎・大阪府知事はおととい(25日)、日本維新の会の会合で、「財務省が優遇しているなら大問題。安定した経営ができないなら、認めるわけにはいかないというのが、府教育庁の立場」といっている。

   学校は明日、会見を開く予定という。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中