2018年 9月 20日 (木)

「べっぴんさん」安定した視聴率だが、平板さも

印刷

   NHKの連続テレビ小説「べっぴんさん」もあと、ひとつきとなったが、毎週20%台の安定した視聴率を維持している。

   第21週(2月20日~25日)は20.1%、前週は20.0%、前々週は20.3%で、あまり変動はない。これまでの平均視聴率も20.51%だ。

   これまでの朝ドラの中でも「盛り上がりの少ないドラマ」という評価を受けてきたが、今後の展開はどうなるのだろう。今日(2017年2月27日)は、ヒロインの娘と幼なじみがそろって、ヒロインの会社に入社するという場面だった。経営陣の子どもということで、先輩たちから反発を受けるらしいが、翌週あたりには、会社にも溶け込み、手柄をあげるのだろう、と容易に想像がつく。

   モデルとなる企業、経営者がいるため、あまり冒険できないという事情は分かるにしても、平板なのだ。ともあれ、この凡庸さをかみしめつつ、最後まで見ることにしよう。(テレビウオッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中