「櫻井淳子」両手いっぱいの花摘みと旬のマカジキ堪能・・・房総は春真っ盛り!

印刷

   <遠くへ行きたい(日本テレビ系)>千葉・房総は春真っ盛りです。菜の花、ストック、ポピー、キンセンカなどが咲き、南端の白間津「花つみ園 新藤権兵衛」ではタレントの櫻井淳子さんが「こんなに摘んじゃいました」と花束を抱えているじゃありませんか。花ばさみを借りてだれでも花摘みをすることができ、1~3月までの営業で、5本で300円なのだそうです。

   房総はさまざまな海の幸も旬を迎えています。櫻井さんは勝浦漁港から「とくにマカジキはいまが旬だそうで、マグロの中トロよりもおいしいといいます。はたしてどんなお味がするのでしょうか」なんてリポートしていると思ったら、さっそく近くの割烹「中むら」に入って行くじゃありませんか。

   ご主人の中村文明さんは「身のオレンジ色のところが背トロで、細かくサシが入っているでしょ。ここがおいしいんですよ」と太鼓判を押します。添えられていたのは、わさびと和がらし。

   櫻井さん「和がらし? 本当に合うのかしら」

   和からしを背トロにちょこっと乗せて、お醤油をつけて口に運べば「脂はマグロよりも強いくらいです。でも、口の中でふわっと溶けて、それが和がらしでさっぱり味わえるのです」

   春の房総だからこその食べ方です。

白砂青松の渚で乗馬体験

   房総半島先端の館山に近い平砂浦は、白砂青松100選にもなっている美しい渚が続いています。ここでは波打ち際の乗馬体験をしました。乗馬はほぼ初めてという櫻井さんですが、「ホーストレッキングパーク館山」の小濱真人さんに指導してもらって挑戦です。馬は砂浜をゆっくりと歩き、手綱を回りたい方に大きく広げると方向を変えてくれます。

   櫻井さん「お馬さんの足元には波が打ち寄せていて、本当に爽快感たっぷりです」

   それはそうでしょう、目の前は太平洋で、水平線が180度広がり、真っ青な空に白い雲と大パノラマが広がっているのですから。体験乗馬は90分で1万4277円から。

   春の房総は海辺ドライブ、朝市散策、アワビや伊勢エビの豪華バーベキュー、地魚すし食べ放題、釣りやゴルフ、テニスなどのアウトドアスポーツと、楽しみ方いっぱいです。(放送2月26日あさ6時30分)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中