「懲役14年6カ月に不安」と被害の女子大生歌手 通常より重い判決でも議論に

印刷

   女子大生歌手の冨田真由さん(21)がファンの男にナイフで34カ所を刺された小金井殺傷事件で、東京地裁立川支部はきのう28日(2017年2月)、岩崎知宏被告に殺人未遂と銃刀法違反で懲役14年6カ月を言い渡した。冨田さんは「たった約14年後には犯人が塀の外を歩いている。そう思うと、今から不安と恐怖しかありません」とコメントし、刑事罰が軽すぎるという議論に一石を投じた。

殺人未遂は懲役6~7年が普通

   番組に出た菊地幸夫弁護士によると、殺人未遂では懲役6年から7年が普通。今回は「殺人に近い」として「非常に重い判決」になったという。

tv_20170301120441.jpg

   しかし、被害者の心情からすれば、これでいいのかという気持ちは否定できない。被害者が再犯の危険を感じるケースは冨田さんに限ったことではない。冨田さんは検察に控訴を求めるというが、今回の求刑17年を超えることはむずかしそうだ。

   司会の加藤浩次「たったこれだけという気持ち、わかるなあ」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中