「アッキード事件」と呼ばれ始めた「森友学園」問題 政治家への現金授受疑惑も浮上!

印刷

   大阪の学校法人「森友学園」が、豊中市内の国有地をとんでもない安値で払い下げを受けていた問題。とうとう学園側が不穏な動きをしてきたと明かした国会議員が出てきた。「安倍さんの奥さん気の毒や。乗せられたんだよ」とまでいう。学園の素顔が見えてきたようだ。一部のメディアはこの件をとうとう「アッキード事件」と呼び始めた。

鴻池祥肇・元防災相が面談記録認める

   昨日(2017年3月1日)の衆院予算委では、森友学園が国会議員に働きかけていたのではないかと野党が追及していた。共産党の小池晃氏が、「ある自民党国会議員事務所の面会記録を入手した」として、2013年10月12日、学園の籠池泰典理事長夫妻との面談記録を読み上げた。

実態を取材
「小学校用地の件、近畿財務局と大阪航空局職員数名と共に現地視察。その際、事務方の判断できることではないというニュアンスを感じたので、上から政治力で早く結論が得られるようにお願いしたい。土地価格の評価額を低くしてもらいたい」

   小池氏によると籠池氏は、年間賃貸料の約4000万円を2730万円に減額するよう求め、半額近くに減額されたという。小池氏は「事務方が判断できる問題じゃない。政治家の関与の全容を明らかにしてください」と迫った。

   安倍首相は「どういう文書かわからない。立証する責任はそちらにある。事務所の名前も出さずに、調べようがない」と突っぱねていたのだったが、夜になって、鴻池祥肇・元防災相が「あらぬ疑いがあるのではないか」と会見して、面談記録が自分のものだと認めた。

   鴻池氏は、何年か前講演を依頼されて、学園に行った。「子どもたちの態度はすばらしかった。教育勅語とか暗唱して、思想的には合うなと思った」という。

鴻池氏に現金渡そうとした理事長夫婦

   事務所で会ったのは、「3年前(2014年)の4月」。籠池氏は夫婦で来た。「お願いの儀があると、紙に入ったものを出して『これでお願いします』と。一瞬で金だとわかった。だから『無礼者』と言った。男のツラを銭ではたく。『そんなんは教育者と違う。帰れ』といった」

「それが金であったか、コンニャクか天ぷらかかまぼこかういろうか知らん。投げ返したが、『こいつなら金で動くかもしれない』と思われた。腹が立ったけど、俺に徳がないんだなと反省した」「安倍さんの奥さんも気の毒や。乗せられたんだよ」
「今回の件は『野党頑張れ』や。学校作らせたらいかん。あそこの学校の要項みたら、日本人としての礼節を尊び、愛国心を育む教育とある。生意気言うな」

   面談記録は数回あったというから、こんな単純な話ではなさそうだが、鴻池氏が財務省、国交相と交渉したことはないという。他の誰が、口をきいたのか。

   学園が経営する塚本幼稚園は、教育勅語だけでなく、運動会で歌う歌も「愛国行進曲」「日の丸行進曲」の類、果ては「安保法国会通過 よかった」「安倍首相 頑張れ」だ。

   司会の夏目三久が「幼稚園の実態を取材できました」と、幾つかの証言を並べて伝えた。中国嫌い、韓国嫌いも、事あるごとに子供達に刷り込まれているという。

   この上さらに小学校を経営しようという。一体誰が口をきいたか。この土地をめぐっては、当初は賃貸のはずが払い下げに変わるなど、登記の変更も含めて極めて不透明な動きが伝えられている。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中