安倍昭恵夫人と森友学園「教材購入」でも関係?素読の中国古典200冊10万円

印刷

   国有地の格安購入疑惑が持たれている森友学園が運営する塚本幼稚園で、安倍首相の昭恵夫人が名誉会長を勤める「鈴蘭会」が販売した古典の素読教材が使われていることがわかった。

tv_20170303115455.jpg

   鈴蘭会が扱うのは儒教の書物「大学」で、「仁を積んで国をつくる」といった内容にふり仮名をつけた子供向け教材200冊を10万円で森友学園に卸していた。鈴蘭会は中国古典を声を出して読む素読(そどく)を普及させるのを目的に作られた団体だという。学園側が昭恵さんのご機嫌を取るために購入したか、昭恵さんが売り込んだとみられる。昭恵さんが経営する居酒屋では、定期的に素読会が開かれている。

   吉永みち子(エッセイスト)「小学校の名誉校長はしかたなくしていたと言っていましたが、もっと深い関係性があったということになりますね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中