肩透かしに終わった石原元知事の会見 「知らない」「都庁全体の責任」に終始

印刷

   築地市場の豊洲移転を決めた経緯をめぐって、小池知事から「逃げてる」といわれた石原新太郎・元知事(84)が3日(2017年3月)、日本記者クラブで会見した。しかし会見に新たな内容はなく、肝心のところは「知らない」、部下への責任転嫁に終わり、その部下からは直ちに反論される始末だった。

   自宅を出るとき、「果し合いに臨む侍の気分」といっていたのは、百条委に先立って切り込もうという意地だったかもしれないが、やはり「細部は部下にお任せ」でやってきた石原流がわかってしまったようだ。

   豊洲移転の決定について石原氏は、「責任は裁可した最高責任者にある」と自らの責任を認めた。しかし、土壌汚染を知りながらあえて決めたいきさつについては、「専門家が専門性を駆使して多角的に決めたことであって、それを私は受け入れたということ」「都庁全体の責任。議会を含めて、みんなで決めたじゃないですか」と本音が出た。

「担当者の誰かがハンコ」

   2011年の契約で、東京ガスは「土壌汚染にかかる費用負担をしないことを確認する」となっていた。いわゆる「瑕疵担保責任」の破棄だ。実際の土壌汚染対策は膨らみ、都は最終的に858億円もかけることになったが、東京ガスの負担は当初の取り決めの78億円のままだった。

tv_20170306133038.jpg

   石原氏は「契約交渉の中で瑕疵(担保)責任の留保がどういう条件で成就したのかわかりません。そこまで細密に報告を受けておりません」という。契約書に押された知事の印には、「捺印をするような契約書だったかどうか、記憶にありません。担当者の誰かが、何らかのサインをしたんでしょうね。で、私のハンコが使われた」

名前出た部下は反論

   部下の名前も出た。「前川さんという、のちに執行役に転向した人、濱渦君のあと交渉に携わった方が、一番精通してるんじゃないでしょうか」といった。前川氏とは、元東京都知事本局長で、のち東京ガスの執行役員、現在は練馬区長の前川耀男氏のこと。

   ところが前川氏は、早速反論した。「部下のせいにするなんて、私たちから言わせれば言語道断ですよ。実際の契約まで持っていったのは、私が(都庁を)辞めて6、7年後ですよ。とばっちりですよ。いい加減にしてほしい」。(前川氏はそのために東京ガスへ移ったのではないのか? という疑問もあるが)

市場移転めぐる混乱は「小池知事に責任」

   石原氏はまた、現在の混乱は小池知事に責任があるといった。「やるべきことをやらずにことを看過し、日々築地で働く人たちを生殺しにしたまま放ったらかしにして、ランニングコストや補償にべらぼうなお金がかかる。混迷、迷走の責任は小池さんにある」

   記者会見なのに記者の誰も、「元を作ったのはあなたでしょ」「毒物をどうするの」とは聞かなかったらしい。

   70分間の会見。終わって「みなさんありがとう。みなさん、割り切れないですよね」とつぶやくように言って、会場を後にした。

   小池知事は、「中身はよくわからなかったですね。新しいことをおっしゃるのかと思っていたけど、都民の皆さんからすれば、石原さんらしくないという印象だけが残った」と手厳しいコメント。

   街の声も「部下や専門家の言う通りにしたと。トップの発言としてはどうかな」「知事は何のためにいるんだ」「百条委員会にしたって同じ責任のなすり合い」

   築地関係者は、「謎が多すぎる。私はとにかくあっけにとられてる」(市場協会の伊藤裕康会長)。「作戦も立てず行き当たりばったりだなぁと。みんな怒ってますよ。知らないわけないんだから」(市場労組の中澤誠委員長)とボロクソだった。

   夏目三久「どうでした?」

   沢松奈生子「侍と言っていたが、侍にしては潔さが見られなかった。正直がっかりしましたけど、4回も石原さんを選んだのは私たちなんですよね。しかも2003年は300万票を超えた。部下に任せていた、知らなかった、はショックですよ」

   百条委員会での石原氏の証人喚問は20日だ。その前に、東京ガス関係者ら(11日)、濱渦元副知事(19日)がある。

   龍崎孝(流通経済大学教授)「まずは11日の東京ガス。交渉過程の段ボール30箱分の資料があると言われる。責任のなすり合いではなく、資料を元に考えたい」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中