2019年 7月 23日 (火)

ヤマト・ドライバーに密着してわかったハードな負担 ピークには4分で1個配達し170円!

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   宅配便大手のヤマト運輸が今秋(2017年)にも27年ぶりの全面的値上げを検討している。ネット通販の急増や人手不足でドライバーの負担が半端でないためだ。共働きなどで不在の家も増えて、再配達にも振り回されるドライバーに密着取材した。

   キャリア13年の大岩重利さんは受け持ちの東京江戸川区の一角半径1キロをいつもダッシュだという。午前中に新聞の配送を終えて、取材が密着した日の午後は85個を配達する。1個170円がドライバーの手取りになるが、再配達しても増額はされない。

約8割がネット通販の時間帯も

   午後4時を過ぎると、扱う80%から90%がネット通販の荷物。4時から6時までに回った37軒のうち9軒が不在だった。時間帯指定なのに不在のこともある。翌日に持ち越すと負担になるから、同じ家を3回、4回と訪ねる。午後8時からはもっと忙しくなり、9時までの1時間に14個を配った。1個4分ほどにあたる。

迷惑かけたなあ

   宅配荷物は国交省の調べで1990年度に11億個だったのが、25年間で37億4000万個に増えた。1回で配達できるのは80.4%、再配達が19.2%あるという。

   司会の加藤浩次「僕もすぐに再配達してと言ったことがある。迷惑をかけたなあ」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中