2018年 7月 22日 (日)

ランニング長く続けるにはがんばらないこと

印刷

   「スマートライフ」のコーナーでは、長続きするランニングのコツについて、スポーツジャーナリストの増田明美さんが教えてくれた。がんばらないのが秘訣だという。

コースは散歩の延長で

   「健康のためにランニングを始めたけれど続かなかった」という人も多いだろう。続けるには、とにかく近所を走ること。自宅を起点にしていつでも帰ってこられるコースが一番という。近道をつくるのもいい。距離にはこだわらず、途中歩いてもOKだという。

正しいフォームで走る

   ひざや足首を痛めるなど、けがはランニングが続かなくなる大きな原因だ。正しいフォームで体の負担を減らすことを心がけよう。走る前には準備運動をする。ひざを上げたり、肩甲骨を大きく動かしたりする運動を。

   正しいフォームのポイントは次の5点。

①   腕は90度に曲げ、ひじを後ろに引くように大きく振る。
②   足は外を向かないようにまっすぐ出す。
③   軽くあごを引いて遠くを見るようにする。
④   腰を前に押し出すように背筋をまっすぐにする。
⑤   フォームがくずれてしまう場合は途中でスキップをすると、背筋が伸びて正しいフォームにもどすことができる。

ウエアは目立つ色で

   ランニングは服装も大切。シューズはかかとの厚いものがいい。ウエアは目立つ色を。車や他の人から目立つだけでなく、気持ちも高まり、楽しく走ることにつながるからだ。

ちばっち

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中