福島から避難し「菌」と呼ばれた少年 「手記」に書かれたいじめの日々明らかに

印刷
「毎日うなされていたんです。寝言を言うし泣くし、でも震災のトラウマと思っていた。親の余裕のなさですね...」

   福島から横浜市内に自主避難してきた少年を襲った激しい『原発避難いじめ』。原発事故から6年、少年の両親が初めて辛い記憶を涙ながらに語った。

   この『原発避難いじめ』は今も広がりを見せ続いている。NHK報道局が早稲田大学などと共同で行った原発いじめに関する大規模アンケート調査でいじめを受けたケースは54人にのぼり、なかには命に係わる事例が明らかになった。

   「『ふくいち』というあだ名で呼ばれた」「『4階から飛び降りろ』と言われた」―埋もれてほとんど把握されなかった『原発避難いじめ』。子どもの声を通しその実態に迫った。 (中見出し)両親が初めて明かす

   福島原発事故から6年が経た今も、避難を余儀なくされている人は福島県だけで8万人に及ぶ。

   その中に昨年秋、原発避難いじめを始めて「告発」した横浜の少年も入っている。原発事故で転職を余儀なくされた父親の都合で横浜市内の小学校に2年生で転校。直後から酷いいじめを受け、まもなく中学2年生になる今も不登校が続き、フリースクールに通っている。

   当時のいじめの模様を少年が残した手記をもとに少年の両親が初めてつらい記憶を語ってくれた。少年が残した手記にはこんな記述がある。

「いままでなんかいも死のうとおもった。でもしんさいでいっぱい死んだから、つらいけどぼくはいきるときめた」「みんなきらいだ、むかつく、学校も先生も大きらいだ」

   いじめが始まったのは転校した直後から。名前に「菌」がつけられて呼ばれ、鬼ごっこの鬼ばかりさせられた。学校もいじめに気付いていたが、軽いからかい位にしか考えなかったのか継続したケアをしなかった。いじめが終わることはなく、やがて少年は学校に行かなくなった。

   一方、両親は父親が転職による慣れない仕事に苦労し、母親も地震で被害を受けた実家の片付けに福島へ行き、いじめに気付く余裕がなかった。そんな両親の姿を傍で見ていた少年はいじめを両親にさえ明かさなかった。

   母親は「毎日うなされていたんです。寝語ともいうし泣くし。でもずっと震災のトラウマと思っていた。親の余裕のなさですよね。深く掘り下げて考えることができていなかった」と悔いる。

   不登校は5カ月続き、立ち直った少年が再び登校し始めると、いじめはさらにエスカレートしてきた。それでも少年は両親に一切話すことはなかった。手記にはこう書かれている。「いつもけられたり、ランドセルをふりまわされたり、こわくてなにもできなくてほんとうにつらかった」。

   母親は「足とかのアザがすごかったんですよ。転んだだけではできない場所にアザがあったり。問い詰めたんですが「転んだ」としか言わなかった」と話す。

「賠償金あるだろう」と150万円脅し取られた

   5年生になると事態はさらに深刻になっていった。同級生のいじめっ子らから「賠償金でお金あるんだろう」と言われ遊園地で遊ぶ金を何度も要求されるようになり、その金額は150万円に達した。

   手記にはこうある。「教室のすみ、防火扉にちかく、体育館のうら、『人目が気にならないところに持ってこい。賠償金あるんだろう』と言われた」。お金を出せば暴力を受けなくてすむと思った少年は求められるままに払ったという。

   これが小学生の悪知恵かと思うと呆れるしかない。自主避難した両親が東電から受け取った賠償金はわずか100万円足らず。雀の涙ほどの金は避難先での生活再建ですぐに使い果たした。少年が持ち出した金は両親が借金返済のために手元に置いていた150万円で、すべてなくなっていた。

取り合わなかった学校と教育委員会

   息子へのいじめの存在を知った両親は学校に相談したが、それでも学校側は「少年が自ら金を支払っていた」と主張し、いじめの存在を否定。市の教育委員会に何度も訴えたが取り合ってもらえなかったという。

   そんな状況の中で少年の手記は母親の目の前で書かれた。母親によると「感情のまま一気に吐き出しだと思う。すごい勢いというか、形相で書きなぐっていました」。

   少年が再び不登校になって3年が経過し、まもなく中学2年生になる。現在フリースクールに通っている息子に父親は「普通の子どもが送る生活をさせてあげられなかった。それを考えると本当に悔しいですね」と話し涙を拭いた。

   「ぼくはいきるときめた」と手記に書いた少年の強さに感じたのか、番組にゲスト出演した法政大学の尾木直樹教授(教育評論家)はこう話す。

   「よくこの少年が死なないで生きていてくれたことにまず感謝したい。そして手記を発表してくれたことで今回の問題が見えてきたんですね。福島の子ども、若者たちは『五重苦』と言われています。その子どもをいじめてきたわけで、これはたまらないですね」

   今回の『原発避難いじめ』は、弱者がより弱い立場の弱者をいじめる社会の縮図と言えるかもしれない。その社会を是正するのはやはり義務教育での教育しかないのだが、教育委員会や現場の教員がこの有様では言葉もない。

クローズアップ現代+(3月8日放送「震災6年 埋もれていた子どもたちの声~"原発避難いじめ"の実態」

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中