朝ドラ初出演の上地雄輔、役作りについて明かす

印刷

   俳優の上地雄輔が13日(2017年3月)、ブログで「そだ、今日からでした^_^」と、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」への出演と役作りについて明かした。

   プロカメラマンの亀田を演じる上地は、

「あんまりやった事ない役なら
アメリカかぶれのインチキ臭くて大丈夫なのかこの人は?てヤツ(笑)やろ^_^て。
でもちゃんと映画と向き合うクセの強い、なんか気になっちゃうヤツやったろ
て、、
真剣に楽しみました^_^」

と役にかける思いを綴った。上地にとって朝ドラは初の出演となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中