2020年 2月 17日 (月)

森友学園の訴訟、「初弁論に稲田氏の名前」と毎日新聞 籠池理事長「私の顧問弁護士だった」とネットで証言

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

役人が忖度し、行き過ぎた配慮?

   司会の夏目三久「稲田氏と籠池氏の関係が厳しく問われているのはなぜ?」

   龍崎孝(流通経済大学教授)「かつての自民党の利益誘導のやり方は、政治家が仲立ちをして役人を動かすというものだった。今回のケースは、役人の方が、事業者(この場合籠池氏)のバックに有力政治家がいることを忖度して、行きすぎた配慮をしてしまったのでは、と言われる」

   夏目「有力政治家が直接関わっているのではない?」

   龍崎「その影を見ながら、意識しながら配慮してしまう。今回は8億円も安く土地が譲渡された」

   夏目「配慮は罪には問われないんですか?」

   龍崎「問われません。が、関係を明らかにする責任は政治家側にある」

   この問題では、森友学園が大阪府に対して工費を過少申告したことで、府は刑事告訴も検討している。また、学園が小学校の設置申請を取り下げたことで、近畿財務局は売買契約に基づき、土地の返還を求めると通知した。この場合、後者の撤去を求めることになる。また国交相は補助金の返還を求めるという。

   この結果、学園が負うことになる負債は相当なものになる。先の会見でも息子の口からその話は出ていた。籠池一族が、開き直ったら? 自民党が恐れているのはそれだろう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中