2020年 1月 19日 (日)

とうとう自民と縁切った都議会公明党 7月都議選「都民ファーストの会」と選挙協力

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   都議会公明党が、7月の都議選で自民との連携を断ち、小池与党である「都民ファーストの会」との連携に踏み切った。自民都連には衝撃だ。「1人区は絶望的」という声もある。一方小池氏は、自民党員のまま政治塾の活動を活発化させているが、うかつに切れば都議選で逆風になりかねない。永田町も落ち着かない。

   都議会公明党と都民ファーストの会が昨日(2017年3月13日)会見して、7月の都議選で選挙協力すると発表した。公明の中嶋義雄議員団長は、わざわざ「自民との選挙協力はございません」といった。

   会見の後、挨拶に訪れた両党代表に小池知事は、「目標は都民ファーストの都政の確立です」とにこやかに話し、握手を交わした。

「都民ファースト」と公明、相互に推薦

   この連携は、都民ファーストの会は、公明党の候補者23人を推薦する、公明党は候補者を出さないすべての選挙区で都民ファーストの会の候補者を推薦する、という内容だ。

tv_20170314125841.jpg

   自民都連の下村博文会長は、「都民ファーストの方に行ってしまうというのは厳しいこと」と、今後の対応を協議した。公明は昨年12月に、自民との連携を解消していたが、選挙協力が切れるのは自民には痛手だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中