不評!大阪万博報告書案の「関西バージョン」 元の報告書も悪乗りアイデア満載

印刷
「大阪の人はこういうしゃべり方するやろうというウケ狙いの書き方やね。ほんとの大阪知らんないん」

   大阪のおばちゃんが怒ったのは2025年の誘致をめざす大阪国際博覧会(万博)の概要をまとめた報告書案の参考資料として配った「関西バージョン」。経産省が報告書案の一部を関西弁に言い換えた全8ページの資料だ。

   本来の報告書案と関西バージョンを比べてみると、まず万博テーマで「いのち輝く未来社会のデザイン」が「いのちがキンキラキンに輝く未来社会のデザイン」。「軍事目的ではなく」が「ドンパチやるためやのうて」。「中間層が厚く」が「中間層がミナミのタコ焼のタコぐらいブ厚く」。

   また関西弁の「一人ツッコミ」で「レガシー(セクシーちやうでレガシーやで)」、「思想的タブー(バブーちやうで、タブーやで)というのもあった。

   では、関西弁に変換したどんなところが関西人の気に障ったのか?番組で実際に大坂市の繁華街で聞いてみると...。

関西弁がコテコテすぎ

   大阪のおばちゃんらは「いのち輝く未来でいいん違う?キンキラキンって言う?」「いわへん」。20代の女性「へたくそやな、笑いのセンスないな」。20代男性も「これちょっとさぶいな」「関西弁がコテコテすぎや」と呆れた出来栄えに評価はさんざん。

逆の影響が

   おまけに問題表現もあった。報告書案では「人類共通の課題解決を提案」が「人類共通のゴチャゴチャを解決する方法を提案」と変換し「主なゴチャゴチャの例」として「社会重圧、ストレス(例えばやな精神疾患)」と不適切な表現を使っていた。

   この関西バージョンは経産省内の関西弁を話すスタッフと共に作成したというのだが、世耕弘成経産相は「関西人の私が見てもセンスのいい内容とはとても言えない」と切り捨てた。

陳列事例に「死刑執行のシミュレーション」

   司会の小倉智昭が「では、70ページに及ぶという本来の報告書案どうなの?」に、前夜頑張って読んだというコラムニストの深澤真紀がこう答えた。

「読んだらですね~、陳列する事例集が載っていて、遺伝子データを活用して婚活をするとか、死刑執行のシミュレーションとか。遺伝子データはものすごくナイーブなものなのにちょっと常識を超えた悪乗り。案とはいえ実際に配られていますから。万博やりたくないのという問題のある報告書案でしたね」

   これには小倉も「ムードアップするのが逆に誘致に影響が出るんじゃね...」と訝った。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中