「カルテット」視聴率二けたに、WBC効果も?

印刷

   松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平らが出演するドラマ「カルテット」(TBS系)は、脚本がよく出来ていると評判だが、視聴率はいまひとつ伸びなかった。しかし、第6話7.3%、第7話8.2%、第8話9.5%、と尻上がりに伸び、14日(2017年3月)放送の第9話では11.0%と初めて二けたに乗せた(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

   さまざまな伏線が回収されて、ドラマが盛り上がってきたせいもあるが、14日はワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本・キューバ戦がTBS系で放送され、平均視聴率は27.4%を記録、その終了後に「カルテット」が始まったという、いい流れがあった。

   いよいよ来週21日は最終回。さまざまな謎、秘密がどう明かされるのか、楽しみだ。(テレビウオッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中