ブラジルで賞味期限ごまかしなどの食肉偽装業者を摘発 厚労省、輸入を一時停止

印刷

   ブラジルの一部食肉業者が、賞味期限切れなど衛生基準に満たない製品を国内外に販売していたのを、警察が摘発した。ブラジル国内は大騒動になっている。輸出先のEU(欧州連合)や中国、日本にも衝撃が走った。日本の輸入鶏肉の8割近くはブラジル産。衛生的に問題があった業者から日本への輸出実績はないというが、厚労省は昨夜(2017年3月21日)、摘発された21社からの輸入を一時停止とした。

検査官が賄賂受け取っていた

   ブラジルの連邦警察が2年がかりで捜査した結果だという。警察の発表によると、賞味期限のごまかしのほか、サルモネラ菌汚染の肉、腐敗臭を消すために発がん性の化学薬品を使った例まであるという。欧州向けのコンテナからサルモネラ菌が検出されたともいう。

第三国経由すると?

   警察は21の会社の工場などを捜査して17日、経営者や賄賂を受け取っていた検査官ら38人を逮捕した。検査のため、スーパーなどの店頭から牛肉、鶏肉などが回収される映像が流され、消費者は「牛肉が怖い」「もうしばらく買わない」などという。

   ブラジルは世界第2位の食肉輸出国。テメル大統領は、「調べを受けていたのは、4837か所のうち、たったの21社です」と火消しに躍起だ。各国大使を招いて、名物のシュラスコ料理を振る舞うなどの演出もした。しかし、中国、EU、チリは輸入を禁止した。

輸入鶏肉の75.4%がブラジル産

   日本の昨年の輸入実績では、輸入鶏肉の75.4%がブラジル産。摘発を受けた21社のうち、衛生的な問題があったのは3社だが、この3社は日本への輸出実績はないという。このほかの18社のうち2社の輸出先に日本が含まれていた。厚労省は、「国内に流通している食肉には衛生上の問題はない」としている。

   司会の夏目三久「昨年のブラジルからの鶏肉の輸入量は42万トン。厚労省は大丈夫というが?」

   牧嶋博子(TBS解説委員)「鶏肉は価格が安いので、加工食品や外食産業で大いに使われている。輸入での検疫は書類審査が主で、現物を検査するわけではない。安全性が確認されるまでは、輸入の一時停止はやむをえない」

   奥野史子(元女子シンクロナイズドスイミング選手)「いったん中国に入って加工されたものだったら、わからない。すべてのブラジル肉がいけないわけでもないだろうから、そこをはっきりさせて欲しい」

   夏目「第三国で加工されたものを調べることはできる?」

   牧嶋「製品を開けて調べるしかない。書類審査はあるが、さて......」

   現代文明は、なんと危うい仕組みの上に乗っていることか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中