2019年 11月 13日 (水)

食肉輸出大国・ブラジルで腐った食肉の不正輸出発覚 鶏肉輸入の日本は大丈夫?

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   世界最大の食肉輸出国・ブラジルで食肉加工業者21社が衛生基準を満たしていない腐った食肉を輸出していたことが明らかになった。日本でもその内の1社から食肉を輸入していることが判明し21日(2017年3月)、検疫段階で流入を止める措置を取った。

   現地メディアによると食肉加工業者21社が検査官に賄賂を払い、衛生基準を満たしていない腐った肉を国内外で販売していた疑惑が浮上。一部の食肉製品の中には段ボール片が含まれていたり、臭みをごまかすために酢が使われたりしていたケースもあるという。

   ブラジルは150カ国に食肉を輸出しており、今回の疑惑判明で中国やチリでも輸入を停止している。

輸入鶏肉の7割以上ブラジル産

   日本ではブラジルから年間40万トン以上の鶏肉を輸入しており、輸入鶏肉の7割以上がブラジル産だ。ただ疑惑にのぼっている食肉加工業者21社のうち日本に輸出している会社は1社だけ。

リオで毎日肉食べていた
文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中