2018年 8月 16日 (木)

世界最大ドックショーで大コケ恥ずかしい!テリアのオーリー君パニクッて暴走

印刷

   英国バーミンガムで開催された世界最大のドッグショー「クラフツ」で話題をさらったのは、優勝した犬ではなく、救助犬の障害物競に出場したジャックラッセルテリアのオーリー君だった。動画がユーチューブにアップされるや、「可愛すぎる」と評判になり、すでに900万回以上再生されているという。

最初のハードル飛越に失敗して顔面強打

   オーリー君はスタート直後の最初のハードル飛越に失敗し、顔面を強打するとパニックになってしまった。すぐに立ち上がったが、その後はコースを無視して会場内を全速力で走り回る。実況アナウンサーも大笑いで、「全然違う場所を走っているが、オーリーはまったく気にしていない様子」「見ての通り、レースを楽しんでいます。人生を満喫しているようです」と伝える。

tv_20170324130016.jpg

   飼い主のカレンさんがオーリーを正しいコースに誘導しようと追い掛け回すが、お構いなしに走り回るオーリーに会場も喝采を送る。カレンさんは「オーリーは普段から活発で好奇心旺盛。きょうは観客がたくさんいたので興奮してしまったようだ」と話している。

「頭真っ白になっちゃった」

   コメンテーターの本上まなみも微笑みながら「(最初の障害で)落ちた瞬間、頭が真っ白になっちゃったんでしょうね」

   司会の加藤浩次「俺もこういうテンションになりたいなあ。周りの目とか考えずに、街とかでバーっとやってみてえ」

   岩本乃蒼アナウンサーは「暴走はほどほどにお願いしますね」と釘を刺していた。

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中