「飛行機乗れない、ホテル泊まれない」トラブル続出ツアー会社!「てるみくらぶ」本社は雲隠れ

印刷

   旅行会社「てるみくらぶ」の格安ツアーでトラブルが続出している。代金を払ったのに航空機に乗れない、ホテルに泊まれない、送迎バスが来ないなど。旅先で支払いを求められる可能性もあるそうで、利用客はカンカンだ。

   このツアー会社は創業19年、売上高195億円ともいうから小さな話ではない。韓国への卒業旅行からおととい25日(2017年3月)帰国した女子大生2人は「3泊4日で4万6000円と格安で、2日目まではよかったが、3日目にホテルに手紙が置いてあって、ガイドに送迎できない、勝手に帰って下さいと言われました」と話す。それから「てるみくらぶ」本社に電話をかけ続けているが、コールが鳴るだけで誰も出ないという。

   その本社(東京都渋谷区)にはおととい、利用客20人以上が集まっていた。ドアに「臨時休業」の紙が貼られ、カギがかかったうえに、内側には入場を阻むためか段ボールまでがおかれていた。「出てこい」の声が飛ぶ。客たちは「返事もないし、ドアも開かない」「何の連絡もない。こんなの、初めでです」と戸惑うばかりだ。

弁護士「今は話せない」

   一部の客にはトラブルの連絡があったというが、「てるみくらぶ」の弁護士は「今は話せない。話せるように準備しています。以上です」

tv_20170327113211.jpg

   3年勤めた元社員は「社内では前からこうなるのではとささやかれていた。やっときたかという感じ」と話す。台湾法人には、未払い金が2億円あり、「日本から代金をもらっていない」という。

   司会の羽鳥慎一「一番心配なのは、支払った代金が戻るかですね」

   旅行業協会には「てるみくらぶ」の弁済補償金1億2000万円があるそうだが、被害額が増えれば、一人あたりの補償金は減る。

   住田裕子(弁護士)「料金が実態に合わない価格だった可能性や、こういう状態になる前にすでに未払い金がたまっている可能性もあります」

   (編集部注 27日、同社は破産を申請し、東京地裁から破産手続き開始の決定を受けたと発表した。)

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中