2019年 8月 26日 (月)

ソメイヨシノがいずれ見られなくなる? 病気に弱く「クローン」だった!

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   まあ、こんなに花が遅い年も珍しいが、ややフライング気味の東京に続いて、各地で開花宣言が聞かれるようになった。その桜前線の北上を占うのはソメイヨシノ。日本の桜の代表だが、これがいまピンチだという。どういうこと?

夏目:標本木が変わるかも

   恒例の皇居乾通りの桜の一般公開が、今年は中止になった。理由は、樹木の老朽化による植え替え工事のため。皇居だけでなく、桜の老木が伐採される事態は全国どこでも起こっている。

   街路樹診断で、根元の空洞化、腐食きのこの繁殖とか、倒れると危険だからと、伐採・植え替えせざるをえない。その大部分がソメイヨシノだ。何しろ日本の桜の80%を占める。それが今、60年という寿命を迎えている。さらにもうひとつ、病気がある。

伝染病にかかりやすいソメイヨシノ

   日本花の会の結城農場では今、ソメイヨシノは配布も販売もしていない。理由が病気。ソメイヨシノは「てんぐ巣病」という伝染病にかかりやすい。植えれば植えるほど広がりやすいからだという。

   「てんぐ巣病」は、カビの一種が原因の伝染病で、感染すると、枝が異常に増えて花が咲かなくなる。最終的には、衰弱して枯れてしまう。ソメイヨシノは各地で寿命を迎えているのに、植えることもできないとなると、日本の桜はどうなる?

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中