不倫報道にダブルスタンダードはあるのか!? 渡辺謙と乙武さんで何が違う?

印刷

   「さて、数多くのハリウッド映画に出演している俳優、渡辺謙(57)に不倫報道です」と司会の小倉智昭が発言し、今週発売の週刊文春(4月6日号)に掲載された『不倫inニューヨーク』の記事をもとに賑々しく取り上げた。

   週刊文春によると、相手の女性はジュエリーデザイナ―の女性(36)で、渡辺が映画の試写会の打ち上げで大阪・北新地の高級クラブを訪れた際、クラブのナンバーワンのホステスだった、この女性と出会ったという。

   そのクラブの同僚女性なのだろう、こんな話を。「謙さんが彼女に会えないときは電話をかけてくるそうなんですが、『おやすみチュッ、チュッ』と言って電話を切るらしいんですって。店の女の子の間で『謙さんって可愛いやん!』って盛り上がっていました」

   さらに週刊文春は、映画撮影のためにニューヨークを先月(2017年2月)18日から訪れていた渡辺が、この女性と肩を寄せ合い手をつなぎ、デートを楽しんでいる写真まで掲載した。渡辺に気付いた男性が2人を追いかけたところ、2人は高級アパートに姿を消したという。

   事情を知る人によると、2人の交際は3年近くに及んでいるという。

   問題は、番組の取り上げ方だ。ナレーションは、「ウソでしょ、謙さんと言えば世界的俳優、これはかなりの衝撃ですね。南果歩さん(53)とはおしどり夫婦で知られていますよねー。日本中から悲鳴があがりますって」と絶叫した。

「対応しない」と妻・南果歩

   ところが現在、乳がんで闘病中という妻の南果歩は報道には毅然と、事務所を通じて「対応の予定はありません」の一言。

tv_20170330154447.jpg

   小倉が「これが事実だとしても夫婦で解決すべき問題だし、我々コメントを求められても話せないよね」と引き取った。

   賑々しく取り上げておいて、司会が今さら何だと言いたくなるが、社会学者の古市憲寿(東大大学院博士課程)がこんな疑問を呈した。「納得いかないのは昨年、(5人の女性との不倫が暴露された)乙武洋匡さんや(川谷絵音との不倫の)ベッキーの時はまるで犯罪者みたいな扱いをしていて、渡辺さんと乙武さんの何が違うだろうかと考えちゃう」。

   これに梅津弥英子アナが「発覚後の対応じゃないんですか」と答えた。

   その『対応』で考えられるのは、相手の女性と出会った場所が男性客を接待するクラブで、相手がホステスだったことと関係がありそう。職業差別と批判を受けそうだが、ホステスと言えば実態的には男性を接待するその道のプロ。関係が3年も続いているのは渡辺のケジメのなさを感じるが、よくある女道楽と思われたのではないか。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中