2019年 11月 20日 (水)

小池都知事「豊洲移転」都議選前に決断・・・安全・安心どう説明?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東京都議会はきのう30日(2017年3月)に閉会した。自民党は小池百合子知事に「一刻も早く卸売市場の豊洲移転を決めろ」とせっつき、都議選の選挙公約にも「移転を入れる」という。

   ここで司会の夏目三久が世論調査の結果を見せた。豊洲に「移転すべき」36.6%、「すべきでない」22.5%、「どちらとも」40.9%だ。小池知事が移転を決めても、築地改修を決めてもかなりの反発が起こる。自民党はそこを狙っているのだ。

   これに対して小池知事は、豊洲だけが都議選の争点ではなく、「これまでの都政を続けるのか、新しくするのか。これを選ぶことになるのではないか」と語っている。断罪されるべきは、既得権にしがみつく自民党のボス政治というわけだ。

最大与党・公明党も「移転容認」

tv_20170331144031.jpg

   夏目「ここで注目したいのは都議会公明党の動きです。自民党との連立を解消して、小池知事の都民ファーストとの選挙協力にまで踏み込んでいます。豊洲移転では、自民の『推進』に対して、『容認』という立場です」

   龍崎孝(流通経済大教授)「3月に入って築地の過去の汚染が明らかになったりして、築地も必ずしも安心ではないとなってきました。こういうものを敏感に受け止めて、公明は『容認』を打ち出しているんです」

   小池知事としても、築地改修は巨額な費用がかかり、安全・安心を都民に納得させる形で豊洲移転を決断せざるを得ない。公明党はそれを読んで「容認」としているのだろう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中