ディーン・フジオカ「ニュース番組」キャスター!?慣れぬしゃべりでつまずく心配・・・

印刷

   朝、東京・早稲田のオフィスに来て、お湯を沸かし、コーヒーを入れる。その日の気分によって苦みの強いハワイのコナコーヒーか、手っ取り早いペーパードリッパーのブルーマウンテンにするか、ちょっぴり迷うのも楽しい。ブラックコーヒーを入れたカップを横において、さっき買った週刊誌を読み始める。これに貰い物の和菓子でもあればいうことはない。さらに、これで原稿を書かないでいいのなら、この時間は私にとって至福である。

   東京の桜はこのところの寒さで少し遅れているようだが、今晩31日(2017年3月)は恒例の「花見の会」を江戸川橋公園で催す。酒や肴を買って、公園へ少し早め着き、スマホで「長屋の花見」を聞くのが楽しい。「長屋の花見」は柳家小さんに限る。沢庵のこうことお茶けで花を見て騒ごうという発想が江戸っ子らしくていい。

   前置きはこれくらいにして本題に入ろう。ディーン・フジオカという俳優がいる。NHKの朝ドラ「あさが来た」でブレイクし、4月から始まるテレビ朝日系のニュース番組「サタデーステーション」にレギュラー出演することが決まった。謎に包まれた経歴で、ニュース番組の顔になる男を週刊文春が追いかけたとなると、何やら昨年のショーンKの二の舞かと思って読み始めたが、期待(?)は裏切られた。

   彼の本名は藤岡竜雄で、メーカー勤務の父親とピアノ教師の母親のもと、4人兄弟の長男として福島県で生まれている。生粋の日本人である。一時は芸能界へ入るチャンスがあったが、IT分野に興味を持ち、英語を磨くためにアメリカへわたる。シアトルのコミュニティカレッジに通うとき、学校から紹介されたホストファミリーが彼に付けた愛称が「ディーン」だったそうだ。

   彼が次に選んだのは香港だった。モデルや香港映画にも出たが、日本の芸能関係者に「これからは北京語の時代だ」といわれ、台湾へ行く。台湾ではドラマにも出たが、さほど華々しい活躍をしたわけではない。その後、台北で知り合ったインドネシアの恋人が住む地に移り、結婚。彼は今もジャカルタを生活の拠点にしているそうだ。この彼女の父親はインドネシアで指折りの大富豪だというから、彼の運がついてきたのは、この結婚からということができる。

   というわけで、有名になりたいという野心を抱いてあちこちを回った青年がスターの座をつかんだのは、生まれ育った日本だったというのはやや皮肉ではある。テレビ局が彼のどんなところを見て抜擢したのかは、私にはわからない。珍しいもの好きだけで起用されたとすれば、ディーンにとって気の毒な気もする。テレビでしゃべったひと言で俳優としてのキャリアをダメにしたケースはこれまで多くある。まずはお手並み拝見といくか。

トクホよりやっぱり「日々の摂生」海外では摂り過ぎに警鐘

   先週に続いて週刊新潮が「トクホの大嘘」をやっている。今週やり玉に挙がっているのは、「体脂肪が気になる方」へと謳っている缶コーヒー「ヘルシアコーヒー」(花王)。クロロゲン酸に体重減量効果があるというのだが、効果は「ほんの少し」でしかないとニベもない。

   また同じ花王の「ヘルシア緑茶」はカテキン成分が多く含まれているから、これも体脂肪が気になる人にいいのではといわれるが、欧州ではカテキンが原因とみられる肝機能障害の報告が多数あり、07年にはカナダでヘルシア緑茶と同量のサプリを半年間摂り続けた女性がこん睡状態になり、肝臓移植が行われたケースがあるという。

   要は、緑茶が危険というわけではなく、特定の成分を濃縮し高濃度で摂取することにリスクがあるというのだ。しかし、アサヒ飲料が出している「カルピス乳酸アミールS」には、医薬品よりも強力な降圧作用があると専門家も認めているという。

   だが、これも大規模な臨床実験をやった海外の研究者の中には、有意義な効果は認められないと結論付けている者もいるそうだ。したがって、これを飲み続けていればいいと考えて、医者にかかり適切な医療を受ける機会を逸して、重篤になってしまうこともあるから、気を付けたほうがいいというのだが、当然であろう。

   善玉菌を増やし、腸内フローラの改善につながると謳う「フラクトオリゴ糖」(日本オリゴ)は、被験者わずか7人しかいないのだそうだ。どんなに脂肪分の多い食事をしても大丈夫だと謳う「黒烏龍茶」(サントリー食品インターナショナル)だが、やはり「粉飾決算」の疑いありだとしている。

   こうしたトクホの飲み物がすべてインチキというわけではないだろうが、謳い文句を信じて大量に飲むより、日々の食事や酒の量などの大量摂取に気をつけることのほうが大事だという、当たり前すぎる結論が出たということである。

「籠池逮捕」で疑惑つぶし狙う首相官邸!昭恵夫人は説明責任果たせ

   耳タコの籠池&昭恵問題だが、ここへきて安倍の側近たちが「籠池逮捕」でこの問題の幕引きを図るだろうといわれている。フライデーは菅官房長官や西村康稔副幹事長は、偽証が確定すれば告発すると息巻いていると報じている。いや、偽証など成立しなくても、籠池を逮捕して、後で証拠不十分で釈放しても、この問題はうやむやにできると安倍たちが考えていることは間違いない。

   朝日新聞が31日、こう報じている。<大阪府教育庁は31日午前、学校法人「森友学園」(大阪市)が運営する幼稚園の立ち入り調査に入った。府は、補助金を不正に受給したなどの疑いがあるとみて、学園の籠池泰典氏(64)らから事情を聴く>

   権力ににらまれたら怖い。安倍の妻が説明責任を果たさないことに世論が怒っていることを知っていながら籠池封じをするというは、安倍の権力が衰退してきている証拠である。疑惑はまだ解明されてなどいない。メディアは権力を私しようとする安倍夫婦を許してはならないと思うが、今の大メディアは頼りないからな。

稀勢の里「嫁取り」まだ先?横綱になってソープ通いもままならず

   稀勢の里が場所中にケガをしたにもかかわらず出場し、新横綱として貴乃花以来の優勝をしたことが話題である。白鵬はいつ引退してもおかしくないほど体力、気力が衰えてきている。後の2人の横綱もコンスタントに力を出せていない大相撲で、かなり上げ底の横綱昇進をごり押しした相撲協会はしてやったりとニンマリしていることであろう。

   週刊文春はこれまであまり浮いた噂のなかった稀勢の里の「嫁さん探し」がどうなっているのかを取材している。父親は「現役の間はないでしょう。本人もそう言っているし、私もそう思います」。嫁さんはどんなタイプがいいかと聞かれて、「一言でいうなら、"大和撫子"ですよ。ブランド品を漁ったりするような派手好みじゃなくて、優しく健康的な女性」だといっている。

   これまでは地元の茨木・土浦のソープ通いで憂さを晴らしていたそうだが、今は相撲にはまる「スージョ(相撲女子)」の積極的なアプローチも多いから、こっちのほうが相撲より手ごわいかもしれない。

   アサヒ芸能から競馬の話。先週の高松宮杯でGⅠが始まり、今週は今年からGⅠに昇格した大阪杯。キタサンブラックが断然人気のようだが、私はデムーロ騎乗のサトノクラウンとルメール騎乗のマカヒキに魅力を感じる。穴ならミッキーロケットか。

   予想はさておき、JRAが来年(2018年)1月から現在のエージェント制(騎乗依頼仲介者制度)を廃止して、騎手代理人制度なるものを作ると動き出したという。これまでは騎手本人に代わって、各専門紙のトラックマンや元トラックマンが馬主や調教師と接触して、騎乗馬の交渉や確保を行ってきた。これもおかしな制度だと思うが、競馬ファンからJRAにこんな苦情電話があったことがきっかけだという。

   ある騎手を担当するエージェント=トラックマンが紙面でその騎手が騎乗する馬に重い印をつけて凡走することがあるが、馬券操作をしているのではないかというものだ。これは逆もいえる。自分が担当する騎手と馬の調子がいいのに、薄めの印をつけて馬券を儲けるということもできるかもしれない。私は長年競馬をやってきたから、そうしたことで馬券が当たるとは思わないが、邪推はできる。

   今度は予想行為ができる人間を排して、同時に1人の代理人が担当できる騎手は1人だけというものになる。しかし、そうしたことができる人間は限られており、またやったとしても、担当する騎手が年間4000万円稼ぐとすると、エージェントの取り分は5%だから、200万円にしかならない。騎手がケガをして騎乗できなくなれば、保障はない。

   横山典や蛯名、福永などのベテラン騎手が反発し、横山や蛯名は自分で騎乗馬探しを始めているという。彼らやルメール、デムーロ、戸崎のようなうまい騎手は引く手あまただろうが、騎乗回数の少ない若手などはどうするのか。推測するに、これまでのエージェントのうちの何人かが予想に手心を加えたり、特定の騎手と懇意になり過ぎて顰蹙を買っているという苦情が出ているのであろう。

   現役のトラックマンにこうしたことを任せるなど、JRAの大きなミスである。第三セクターでも作って、そこがすべての騎手と馬のマッチングをするようにしたら、今よりすっきりするのではないか。もうすぐ競馬の華、クラシックレースが始まる。JRAはこうしたことを情報公開して、競馬ファンがモヤモヤしたものを抱えないようにしてもらいたいものだ。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中