〈今週のワイドショー〉相撲の明るい話題で明け、2つの悲劇が発生 桜の満開は新年度へ

印刷

   今週は「籠池劇場」も小休止。週明け27日(2017年3月)は前日の大相撲春場所の話題で、日本中が盛り上がった。「稀勢の里『ケガは放っておけば治る』と優勝インタビューで語る 劇的な大逆転」(テレビ朝日系、モーニングショー)。

   その一方では、悲しい事件も。「ベトナム国籍、行方不明の小3女児遺体で発見 自宅から12キロ離れた千葉県我孫子市で」(フジテレビ系、とくダネ!!)。27日には、もう一つの悲劇が発生し、28日は「33センチの新雪積り表層雪崩起きた!那須の8人死亡事故、訓練は必要だったか?」(日本テレビ系、スッキリ!)。雪崩事故では、高校生のラッセル訓練は必要だったのか、引率教師らの責任の追及が始まった。

   また、関心を集めたのは旅行会社としてはこれまでにない多数の被害者を出した「てるみくらぶ」の破綻だ。「『これは詐欺だ』怒る客も!破産した『てるみくらぶ』9万人が旅行代金払い込み済」(28日、同)。

   東京では桜は開花したものの寒さの影響で、満開は平年より遅れている。そんな桜の話題も。「ソメイヨシノがいずれ見られなくなる? 病気に弱く『クローン』だった!」(30日、TBS系、あさチャン)。別れと出会いの年度替わり。来週は各地で満開の景色が見られそうだ。(テレビウオッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中