米中首脳は北朝鮮をどうするのか? けさミサイル発射で挑発、核実験も秒読み?

印刷

   北朝鮮が今朝(2017年4月5日)午前6時42分、東海岸から弾道ミサイルを発射したが、数十キロ飛翔して日本海に落下したという。距離が短いことから失敗した可能性もある。明日の米中首脳会談への牽制は明らかだが、この会談の行方がますます注目されることになった。

   米のトランプ大統領と中国の習近平国家主席との会談は、明日6日行われる。場所は2月の日米首脳会談と同じフロリダの別荘。さすがにゴルフはしないというが、会談の最重要テーマが北朝鮮問題であるのは確か。

トランプ大統領、北朝鮮への単独介入を示唆

羽鳥:明日、明後日

   これに先立ってトランプ大統領は2日付の英・フィナンシャル・タイムズ紙に、「もし中国が北朝鮮問題を解決しようとしなければ、我々が行う」と語った。アメリカの単独介入とも取れる発言だ。

 

   また、マティス国防長官も、「北はかなり無謀なやり方で進んでいるように見える。断固として阻止しないといけない」(3月31日)。ティラーソン国務長官は「北の核計画の脅威が高ければ、軍事行動もあり得る」(3月17日)と、いずれも、先制攻撃をうかがわせる発言をしている。

 

   北がこれに対抗してミサイル打ち上げたものとみられる。さらに、米の偵察衛星の画像解析で、6度目の核実験の準備が整ったとも見られている。朝鮮中央テレビは、「アメリカの望むいかなる戦争にも、対応する意思も能力もある」と意気軒高だ。

 

   今日のミサイルについて米太平洋軍は、「準中距離ミサイル」と発表した。「中距離ミサイル」は射程1500キロ、ほぼ日本全土が射程に入るが、辺真一氏は「準」というのは聞いたことがないという。1500キロより短いのか、あるいは「失敗した」とも言えると。北朝鮮は先月6日、4発の中距離ミサイルを同時に打ち上げて、技術の進歩を誇示したばかりだったが......。

北朝鮮の反撃は韓国・日本の米軍基地

   先制攻撃が現実のものになれば、北の反撃の対象は、韓国と日本にある米軍基地になる。日本としては、そんな事態は考えたくもない。米中首脳会談に注目する所以だ。だが問題は......。

   浜田敬子(元アエラ編集長)「北朝鮮への緊張感もあるが、トランプ政権への緊張感も強い。1対1でできるといっているのが、傲慢、危険、暴走の懸念につながる」

   青木理(ジャーナリスト)「アメリカが変わっているのが(心配だ)。90年代も(北朝鮮への)空爆のシミュレーションをしたが、マイナスという結論だった。しかし今回はトランプ氏が何を考えているかわからないというのが不安要素」

   中林美恵子氏(政治学者)「アメリカ人もわからないでいる。安全保障ではマティス氏がついてはいるが、重要なことをツイッターで発言したりする」「米はこれまで北にはアメとムチで当たってきたが、うまくいかなかった。一方で、地上戦はやりたくない。だから中国が鍵になる」

   羽鳥慎一「それが明日、明後日」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中