中国・習近平に1発カマしたトランプ!「お土産ないの?」米中首脳会談

印刷

   トランプ政権になって初めての米中首脳会談が始まった。2月(2017年)に安倍首相が滞在したフロリダのトランプ別荘でだが、日本時間のけさ7日(2017年4月)の午前5時頃からと発表されていたのが遅れ、午前7時半ころにようやく夕食会が始まった。「モーニングショー」としては会談速報をきょうの目玉にするつもりだったろうが、肩透かしを食らった格好だ。

けんか腰でやりとり

   現地にいる山下達也・ワシントン支局長は「政策の話をするというよりは、個人的な関係を深めるというセッティングになっています」と伝える。トランプ側には娘のイヴァンカさん、夫のクシュナー氏もいた。スタジオでは横江公美・東洋大教授が解説した。

tv_20170407144213.jpg

   会談の主要テーマは「北朝鮮問題」「貿易・経済問題」「海洋問題」になる。とくに北朝鮮が難物だ。トランプは中国が北朝鮮に圧力をかけてくれるのを望んでいるが、どうなるか。貿易問題では選挙中からトランプは口を極めて中国を攻撃していた。ヘリテージ財団は「けんか腰の首脳会談になる」との見方だ。 横江教授は「けんか腰になっても、決裂しないような関係を作ることだと思います。大きな議論で、言いたいことを言い合うことになる」とみている。

安倍首相はゴルフクラブをプレゼント

   山下記者から速報が入った。「夕食会の冒頭、トランプ大統領がジャブを浴びせたことがわかりました。習近平主席に『これまでのところ、何ももらっていない』と冗談交じりに言ったということです」

   横江教授「これまでトランプ氏に会った人は、みんなお土産を持ってきたんです。中国はそういうことをしない国ですからね」

   長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「安倍首相はゴルフクラブ持って行ったけど、それを言ってるのか、別のことを言ってるのか」

   横江教授「やはり、もっと政策的なことですよね」

   夕食会の映像を見て長嶋は「素晴らしいワイングラスが並んでいる」

   結局、首脳会談の中身がなければどうにもならない。司会の羽鳥慎一も「今、ご飯食べてます」で終わった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中