安倍昭恵夫人「怪しげな"交流"」自称映画監督の詐欺師や動物愛護活動の元暴力団組長

印刷

   森友学園問題で渦中の人になった安倍首相夫人・昭恵だが、アサヒ芸能とフライデーに詐欺師と元暴力団組長とも"交流"があったと報じられている。アサ芸が名指しするのは40代の米国人平和活動家、マット・テイラーで、2008年に車の中で練炭自殺した元TBSアナウンサーの川田亜子(享年29)の最後の恋人としてメディアに取り上げられたことがある。

   山口県出身者で占められている後援会「長州友の会」は昭恵が運営委員を務め、安倍首相も何度も講演に訪れている。そこに映画監督としての顔も持っマットが入り込み、広島の原爆を題材にしたドキュメンタリーを制作すると吹聴し、昭恵はそれに共鳴して「事あるごとに上映会を開いては、彼の活動のための募金箱を設置して、参加者から集金していました」(地元有力者)

   なかには1度に10万円も募金した人もいるという。カネは彼が代表を務めるNPO団体「GNDF(世界核兵器解体基金)」の活動費になったそうだが、今に至るまでひとつも解体していないどころか、こうした高尚な名目を立てカネを集めるのがマット流だそうで、98年には「タイタニック引き上げ品展」をやったが、イベント運営費を払わず「収益をネコババした過去もあります」(NPO関係者)

   大手芸能事務所幹部はマットが核兵器を解体する瞬間を映像に撮らせるからという条件で1000万円出資したが、出資金詐欺だと知り返還を求めたら逆に活動妨害で訴えられたそうだ。反訴してマットの詐欺行為が認定され、返金命令が出たという。

   それ以外にも、マットが付き合っていたミスインターナショナル・吉松育美が件の幹部をストーカーだと訴えたとき、昭恵は支援者として名乗りを上げ、彼をストーカーだと断定した騒動があった。だが、吉松が昨年2月(2016年)にその発言を撤回してしまったのだ。後に昭恵はその幹部に平謝りしたそうだが、「総理夫人という立場を改めて自覚し、周囲の人間を疑うことを覚えなければ」(地元有力者)

   フライデーによれば、最近「アキエリークス」というサイトが開設されたという。そこに動物愛護団体「J-Taz's」の代表と彼女が写っている写真が掲載されている。その代表は元暴力団組長だった人間で、そこが昭恵の名前を使って寄付金集めをしているという情報が流れているそうである。

   フライデーの取材に、代表は昭恵の友人が渋谷で犬を保護したことがきっかけで連絡を取り合うようになったと話している。自分が元暴力団の組長で、指がなく入れ墨があるのも事実だが、昭恵の名前でカネ集めをしたことはないと否定した。飲み会のとき、酔った昭恵から「代表、入れ墨見せて」とよくせがまれたが、「こんなもん人に見せるもんやない」と断ったという。天真爛漫なのかバカなのか。「大麻容認発言」など一歩間違えれば大スキャンダルになりかねない妻の行動や発言に、夫は気が気ではないだろう。

品行方正な習近平、傍若無人なトランプ・・・「別荘首脳会談」あべこべ現象

   安倍首相は「人権を大きく制約しかねない法律の制定に突き進む」(朝日新聞4月7日付社説)という暴挙に出た。共謀罪がそれだが、こんな重要法案を30時間程度の審議で打ち切り、成立させようというのである。北朝鮮も真っ青のこうした安倍の強権政治を許してはいけない。田島泰彦上智大学教授やジャーナリストの青木理、岡本厚岩波書店社長、映画監督・森達也ら33人で「共謀罪(テロ等準備罪)創設法案に反対する表現・メディア関係有志の緊急アピール」を4月6日に出した。

   「私たちが希求する表現やメディアの営みは、思想・良心の自由や表現の自由が確保され、自由で民主的な市民社会に支えられてはじめて多様で豊かに創造され、展開されるべきであって、これを危うくする共謀罪(テロ等準備罪)創設法案の制定には表現やメディアの立場から強く反対する」

   これができれば、9・11後にブッシュ政権がつくった「愛国者法」の日本版が完成する。安倍のやろうとしていることは、権力主導の国民総監視社会である。そんなことをさせてはならない。

   世界中が注目する米中首脳会談が始まった。米フロリダ州パームビーチにある別荘で習近平夫妻を迎えたトランプの表情はやや硬かったようだ。貿易赤字や北朝鮮問題など難問山積だが、習が少しは譲歩するのか、オバマのときのように「南シナ海に海の万里の長城を築くことに口を出すな」と突き返すのか、興味津々である。

   日本の週刊誌はこうした国際情勢にはとんと関心がないから、こういう時はニューズウィーク日本版を読むしかない。両国ともに自国ファーストだが、今回はお互いがジャブをすこし繰り出して様子を見るということになるのだろう。興味深いのは、これまでの首脳会談とは違って「アメリカの指導者が傍若無人に、そして中国のリーダーが品行方正に振舞う」(同誌)というあべこべ現象が起きていることである。

   トランプは地球温暖化対策を撤廃し、保護貿易に傾き、中国は自由貿易を支持し、行った国々で「私はミスター・グローバリゼーションだと」公言している。余裕は習近平側にあるように見えるが、ニューズウイークによれば、今秋、共産党の第19回全国代表大会を控えている習は、米中関係や台湾が大きな問題になるのは絶対避けたいと考えている。そこでアメリカの対中貿易赤字を2割程度減らすという「お土産」を持って行ったのではないかと推測する向きもあるようだ。

   どちらにしても、今回は腹の探り合いで終始し、習が帰国してからトランプがツイッターで何と吠えるのかが、第2ラウンドになる。

   余談だが、週刊文春によると、大統領就任後にトランプ一家にかかった経費は2か月で2300万ドル、日本円にして約23億円だそうだ。すでにゴルフは13回、メラニア夫人と息子のバロンに対する警護費用が約2400万円。今回の首脳会談が行われたフロリダの別荘へ行く大統領専用機は1時間飛ばすのに2000万円以上かかるといわれるそうだから、1回の別荘通いで2億円が吹っ飛ぶ。

銀座・高級交際クラブに在籍の元AKBメンバー「月に100万円くらい稼いだよ」

   このほかの気になった記事をいくつか紹介しよう。アサ芸に自民党現職衆院議員が覚せい剤で逮捕されるかもしれないと報じている。これは、14年に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されたミュージシャンのASKAの事件が発端だという。ASKAはパソナグループが元麻布にもっている「仁風林」という接待施設に出入りしてパソナ代表の秘書だった女性と知り合い、シャブとSEX漬けになっていった。「仁風林」には多くの芸能人や政治家が出入りしていたが、その中の一人がXという議員だったというのである。

   今年の2月ごろ、Xの愛人だった女が覚せい剤で逮捕され、いよいよXも逮捕かという情報が駆け巡った。そこで菅官房長官がXに確認したそうだが、本人は頑なに否定したという。この情報、読む限りは信ぴょう性がありそうだが、どうなりますか。

   週刊新潮によると、銀座にある会員制の交際クラブ「セーシェル銀座」には提携店と合わせて2000人ぐらいの女性が在籍しているが、タレントやAV女優に交じってAKB48のメンバーだった女性もいると報じている。

   5~20万円の入会金を払い、女性のランクはSV、V、Sなどと別れていて、SVクラスだとセッティング料金とお手当で各10万円ぐらいかかるそうだ。現在20代半ばだという元AKBメンバーは、スカウトされて月に100万円ぐらい稼いだとあっけらかん。アイドル時代をこう語る。

   「まゆゆと一緒にレッスンを受けたこともあります。劇場には数回立ったけど、音が被るからって基本は口パク。踊りも歌もみんな下手だし、もういいやって冷めちゃった。握手会の時なんか、終わった瞬間、みんな『きたなーい』って洗面所に並んでいましたよ」

   当時の収入は5万円ぐらい。元AKBで売れば、風俗ならその何十倍にもなる。「元AKBソープランド」でもつくったら繁盛するだろうな。

「全治1か月」は本当か?稀勢の里のケガ・・・上腕だけでなく左大胸筋も損傷

   週刊文春に「認知症になりやすい住宅」という記事がある。何でもオンタリオ州公衆衛生研究所などが、01年から州に5年以上住んでいる計660万人を対象に12年までフォローしたら、24万3611人が認知症を発症したそうだ。

   その人たちを郵便番号を使って幹線道路や高速道路にどれだけ近いところに住んでいるかを分類し、認知症発生率を比較したところ、幹線道路から300メートル以上離れたところに住んでいる人に比べて、50メートル未満に住んでいる人は認知症発症リスクが7%も増加していることがわかったという。

   これは権威ある世界医学雑誌のひとつ「ランセット」に掲載されたそうだ。なぜ幹線道路近くに住むと認知症になりやすいのか。要因の一つは大気汚染。二酸化炭素などの窒素酸化物やPM2・5などの微粒子状物質、タイヤの摩耗から発生する空気中の有害物質を吸い込むことによって、酸化ストレスや神経炎症を引き起こし、血液脳関係の損傷を招くことから、認知症になりやすいそうである。

   2つ目は騒音による寝不足。3つ目は幹線道路沿いでは気分良く体を動かす公園などの施設も少ないため、身体活動の低下になりやすいからだという。幹線道路沿いにお住いの方、引っ越したほうがいいのかも。

   ところで、最近の週刊ポストの誌面を見ていて少し心配になる。何かが変のだ。巻頭特集が稀勢の里はまだわかるが、右トップが「大間違いの歯ブラシや歯磨き粉の使い方」というのは解せない。歯の問題は確かに高齢者にとっては大きな問題だが(もちろん若者にも)、もっとやらなくてはいけない問題がこの国には山積していると思う。

   WBCで「惨敗」した侍ジャパンの監督、小久保裕紀についての記事もやや首を傾げたくなる。スポーツ紙や一部週刊誌は健闘したと書いているところがあったが、とんでもない。あの程度のアメリカを倒せなかったのは、小久保の采配もあるが、選手が相手を甘く見ていたとしか思えない。

   それはともかく、思わせぶり週刊なポストのタイトル「小久保と美女の博多の夜」だが、小久保は95年に結婚したが08年には離婚し、今は独身だ。今の女性と付き合ってもう何年にもなり、知人には「新しい奥さんです」と紹介し、一緒に住んでいるらしい。何のことはない、お目出度話である。仲良く食事をしているのを、何か「いけない」ことをしているようなタイトル付けはいかがなものだろう。

   稀勢の里の「箝口令が敷かれた本当の容態」というのも羊頭狗肉のタイトルではないのか。もっとも、相撲好きには春場所でいかにガチンコ相撲が行われたのかを分析しているところは面白いかもしれない。クライマックスは稀勢の里が13日目、日馬富士に敗れ、おまけに左腕から胸にかけて強打し、救急車で搬送されてしまったことだろう。稀勢の里休場かと思われたが、次の日にも出場し、千秋楽には本割、優勝決定戦と連破し、涙の優勝となった。

   ケガの程度は、週刊ポストによれば「深刻な状態ではなく、直径20センチ以上の内出血があったものの、千秋楽の朝にはテーピングもせずに稽古に出てきた」という程度だ。大ケガをおして出場して優勝すれば、いやがうえにも場所は盛り上がる。そのための演出かと邪推したくなるが、週刊ポストのいうような「軽傷」でもなかったようだ。

   サンケイスポーツ(4月4日付)ではこう報じている。「大相撲春場所で左上腕部を負傷しながら劇的な逆転優勝を遂げた大相撲の横綱稀勢の里(30)が3日、新たに左大胸筋を損傷していることが判明した。

   日本相撲協会が同日に3月27日付の診断書を公表。『左大胸筋損傷、左上腕二頭筋損傷で約1カ月の療養は必要』とされ、『現在精査中』とも記されている。稀勢の里は2日から始まった春巡業を休場。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は当初、左上腕部の筋損傷とだけ説明していた」

   相撲にケガは付きものとはいえ、稀勢の里の頑張りはモンゴル勢力士たちに対する「日本人力士の意地」だったのかもしれない。

【蛇足】「桜花賞」格が違うソウルスターリングから流し

   今週は「桜花賞」。大橋巨泉は日本の競馬に「格」という考え方を持ち込んだ。クラシックでいえば、新馬→特別と2連勝した馬は「格」が違う。それでいえば、ソウルスターリング、ミスエルテ、ヴィゼットジョリーが格上。ソウルスターリングはこのメンバーなら二枚も三枚も上だから、ソウルからエルテとジョリーン、カラクレナイ、牝馬に強い武豊のリスグラシューに流すのが面白いと思う。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中