2019年 8月 25日 (日)

「殺される」血まみれの乗客の衝撃動画...ユナイテッド航空、乗務員4人乗せるため蛮行!

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   アメリカの国内航空で、職員輸送の座席確保のため、嫌がる乗客をひきずりおろす事態が起こって、大問題になっている。何人もの乗客がこの一部始終を動画に撮っており、動かぬ証拠が世界に流れた。

   ことが起こったのは、9日(2017年4月)。シカゴ発ケンタッキー州ルイビル行きのユナイテッド航空3411便。機は満席だったが、離陸直前になって同航空は、乗務員4人をルイビルへ送る必要から、席を譲る用意のある乗客を募った。しかし誰も応じなかったため、コンピュータ抽選で4人を選び、退去を求めた。

翌朝診療予定の医師断る

tv_20170412131354.jpg
 

   3人はやむなく応じたが、医師を名乗る1人の乗客が「翌朝に診療がある」と言って拒んだ。このため同航空は空港のスタッフ、警察官を呼んで、強制的に退去させることになったのだが、この乗客が叫び声をあげて抵抗したため、最後は通路を引きずられて行った。

 

   両手をつかまれて引きずられていく乗客は、メガネはずり落ち放心状態。口から血を流していて、シャツもまくれあがってヘソが丸出し。しかも、10分後にまた機内に戻って、血まみれのまま、「殺される」「家へ帰りたい」と言っていた。

 

   この様子を、複数の乗客が動画に撮っていた。映像には、他の乗客の「やめてよ、何をしているの」「ひどすぎる」「何てこと(オーマイガ)」などの声も入っていた。これをテレビ局が流したから、一気に世界ニュースになり、非難轟々となった。

 

   ネットには、「これは合法なの?」「もうユナイテッド航空には乗らない」「彼は医者で、命を救っているんだぞ」などの書き込みが並んだ。

 

   動画を撮影した人は、「次の日に仕事がある人を搭乗させるため座席が必要だといい、(件の乗客に)あなたが選ばれたので飛行機を降りるようにいったんです」という。

 

   乗せるのは関連航空会社のフライト・アテンダントだった。これを送らないと、次の便が飛べなくなる。同航空は、「800ドル(約8万8000円)とホテル代を払うから」と条件を出して、翌日の便に変更する乗客を募った。最終的には14万円まで上げたのだが、誰も応じなかった。

 

   ユナイテッド航空のルールでは、定員オーバーの場合は、搭乗を拒否できることになっている。コンピュータで無作為に4人を選んだ結果だったが、どう考えても警官のやり方は行き過ぎ。ユナイテッド航空のCEOは、「事態を遺憾に思います。乗客と話し合って解決していく」とコメントを出した。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中