朝鮮戦争以来最大の危機に!米シリア攻撃に続き北朝鮮に圧力、朝鮮半島と日本を包む緊張

印刷

   朝鮮戦争以来最大の危機である。トランプ大統領が米中首脳会談の最中にシリア攻撃を始め、世界に衝撃が走った。

   首脳会談が終わった後、トランプは米原子力空母カールビンソンや空母航空団、誘導ミサイル駆逐艦などを朝鮮半島近海に集結させ、北朝鮮への圧力を強めている。

   一つ間違えれば戦争勃発という最悪の事態も考えられるのに、なぜ、トランプは中国の顔に泥を塗るようなことを始めたのか。それを解き明かしてくれる報道は日本のメディアには皆無である。

   第一の謎は、なぜシリアを突然、空爆したのか。4月4日(2017年)、シリアの反体制派支配地域で、神経ガスを使ったと見られる空爆があり、子供を含む多くの市民が犠牲なった映像が世界中を駆け巡った。それを見たトランプが怒り狂って命令したといわれているようだが、そんな衝動的な大統領に核のボタンを預けていいのか。

   それにニューズウイーク日本版によれば、トランプは選挙中ISIS(自称、イスラム国)を討伐するといってきたのに、突然、アサド政権を打倒しようとしているISIS側に回ったのだ。さらに、シリアにはトランプが"師事"しているプーチンのロシア軍がアサド政権を守るために1万人程度入り込んでいるといわれる。

   ロシアがどう出てくるのか。「攻撃直後のロシアは怒りの声明を発表。米ロ両軍の偶発的衝突を防ぐための連絡システムを停止した。直接の報復行動ではないが、これで米軍の軍事行動はリスクがかなり高くなる」(ニューズ)

   ニューズウイークによれば、アメリカ国内で「プーチンの傀儡政権」といわれている風評を打ち消すために強硬姿勢をとったのではないかいう説もあるという。ロシアの傀儡であっても、それを否定するために他国を空爆したのであっても恐ろしい話だが、この男には世界最大の核戦力を動かせる力があることが最大の恐怖である。

官邸の指示で動くジャーナリスト!?

   後でも触れるが、この国のメディアやジャーナリストの中に、安倍官邸の指示で動いていると思われる連中が多くなってきている気がする。

   週刊文春の巻頭で、「金正恩"斬首"秒読み、政府が覚悟『最悪シナリオ』」を書いている山口敬之(元TBS記者)にも、そんな匂いがしてならないのだが。

   導入部は、9日早朝、安倍首相がトランプとの緊急電話会談に臨んだ話から。トランプはそこで「シリア攻撃を安倍が支持した」ことへの謝意を述べたという。だが、安倍としては、化学兵器を使用した確固たる証拠がないため、悩んだ末に「軍事行動ではなく、化学兵器の拡散を抑止する」という"決意"を支持するといういい回しにしたというのだ。

   山口によれば、トランプは習近平に、近く行われるといわれている北朝鮮の6回目の核実験をやめさせるために、中国に対して期限を区切った北への制裁強化を強硬に求めたというのである。

   だが習近平は明確には答えなかったのだろう。そこで北朝鮮へ軍事攻撃も辞さずという強行姿勢に転じたのだが、山口はここで、シリアは空爆したのに「より深刻な北朝鮮に対して、すでに計画立案が終了している『斬首+限定空爆』に踏み切らないのか」というのだ。

   日本政府は衝撃的なシミュレーションを入手したという。それは、シリアと違って、アメリカが先制攻撃をすれば、北朝鮮は韓国のソウル攻撃をやってくる。そうなれば韓国人だけでなく、在韓邦人や観光客が犠牲になる可能性があるからだというのだが、こんなことは、いまさらいわれなくてもと思う。

   ソウルだけではなく、日本の心臓部にもミサイルを撃ち込んでくることは間違いない。だが、山口も書いているように、日本の最新鋭のミサイル防衛システムでも、全部迎撃できるわけではない。

   見逃せないのは結びの言葉である。「覚悟を決める必要がある」。何の覚悟なのか。自衛隊も参加させるがゴチャゴチャいうなということか。官邸の意向を代弁して、われわれに戦争への準備をしておけというつもりなのか。

   衝動的で先の見通しもないまま突っ走るトランプに対して、バカなことはやめろというのが同盟国の役割ではないか。シリアや北朝鮮を攻撃しても、アメリカ本土には当面影響はない。自分たちが安全なところにいて、アジアの火薬庫に火を放てば、朝鮮半島と日本列島は火だるまになる。それをワインでも飲みながら、トランプはテレビで見るつもりなのか。

   週刊新潮によれば、かつて金日成が息子・金正日にこう尋ねたという。

   「アメリカが北朝鮮を攻めてきたら勝てるのか」。金正日はこう答えた。

「勝てないが、朝鮮のない地球はありえない。朝鮮が潰れる時には、地球を破壊してしまえばいい」

   当然だが、韓国では日に日に緊張感が高まっている。日本では、これほどの「重大危機」なのに、メディアも国民も騒がないのはなぜか。

   まさか、トランプが日本を守ってくれると、安倍のように無邪気に信じているのではないだろうが、不可解である。

籠池氏を「国策捜査」で口封じするのか!

   週刊新潮は安倍昭恵が、元暴力団組長と接点を持っていたと、先週フライデーが報じた話、昭恵が安倍の地元につくった居酒屋の姉妹店「UZUハウス」が入っているビルが、広域暴力団のフロントといわれる人間が関わっていた、昭恵に常に同行していた谷査恵子が、イタリアにある政府系機関に異動する予定だと報じている。

   だが、週刊新潮もいっているように、森友学園の籠池前理事長を、安倍官邸は「国策捜査」によって口を封じ、幕を閉じようとしているのは、権力の横暴であるのに、メディアが書きたてないのはなぜなのか。

   籠池が国に水増し請求した件で、詐欺容疑で逮捕されるのではないかと報じたのは、安倍友新聞とも揶揄される産経新聞だった。

   この報道で流れが変わり、大阪地検特捜部が捜査の手が付けやすい詐欺罪で、ゴールデンウィーク明けに籠池逮捕に踏み切るのではないかと、在阪の司法担当記者が語っている。

   だが、一方の当事者である安倍昭恵を公の場で発言させずに、安倍は「籠池は偽証だ」と大騒ぎして、それが罪に問えないとなると、今度は詐欺罪で検察に逮捕させようとする。そんなことがまかり通れば、犯罪捜査が政権の具になってしまうと批判するのは、元地検特捜部検事の郷原信郎弁護士。

「国有地が8億円の減額で売却された経緯によっては、籠池さんの立場も異なったものになり得る。事件の全体像を明らかにせず、籠池さんの罪だけをつまみ食いするのは、正しいやり方とは言えません」(郷原弁護士)

   こちらのほうが正論だと思う。

   週刊現代では、このところ籠池の代弁者のようにふるまっている、ジャーナリストの菅野完(たもつ)が、ある女性から性的暴力で損害賠償を求める訴えを起こされ、係争中だと報じている。

   こういう記事が、こうしたタイミングで出ることに「裏」を感じてしまう。ましてや菅野は、安倍首相を支えている保守集団「日本会議」の全容を初めて取材で明らかにした人間である。

   セクハラまがいのことはあったと菅野も認めてはいるようだが、これと籠池事件とは何ら関わりがない。こうした人格攻撃をなぜこのタイミングでやるのかと、首を傾げざるを得ない。

愛人は「思い出の日記」大切に保管

   ところで、週刊文春には、先週やった香取慎吾の「謎の少年」の後日談が出ていないが、どうしたのだろう。香取ははっきりと「あれは友達の子供」だと明言しているようだ。今週の渡辺謙同様追いかけてもらいたい。

   その渡辺だが、付き合っている愛人の親友というのが「激白」している。私は、親友とあるが、愛人本人だと思うが、まあそれはいい。

   ここでは2015年に渡辺がニューヨークのリンカーン・センターにあるヴィヴィアン・ボーモント劇場で、高い評価を受けたミュージカル『王様と私』の公演をやったときは、妻の南果歩も、手作りの日本食をつくって内助の功を発揮したが、そこへ愛人と彼女の友達も公演に呼んでいたというのである。

   公演が終わったその夜、イタリアンレストランで食事をし、翌日からは「謙さんのマンションで一緒に過ごしていたようです」(親友B子)

   別の親友も、愛人は謙から求婚されていたといい、彼女は「子供が欲しい」と謙にいったら「俺の子供を産んでいいよっていわれた」と嬉しそうに話していたというのである。その上、「子供が産まれたら二人で育てていこう。もし結婚できなかったら隠し子でもいいよ」とも、謙がいっていたという。

   この愛人が「怖い」と思うのは、週刊文春がこう結んでいることである。

「几帳面な性格というA子(愛人=筆者注)さんは、渡辺と過ごした思い出を日記に綴っており、今でも大切に保管しているという」

   私を裏切ったら、この日記を出すとこに出そうじゃない。謙は今頃、身震いしてるだろうな。

テレビ局の「ゲス不倫」いろいろ

   多くの日本人同様、危機感のない私は、どうも今週の「ゲス不倫」に目が行ってしまう。

   文春砲、今週はNHK『サンデースポーツ』元キャスター"花見W不倫"。お相手は映画『東京タワー』などを手掛けた映画監督の源孝志(55)で、女は元キャスターでNHKの中堅アナウンサー・與芝(よしば)由三栄(42)。

   2人とも既婚者で子供あり。與芝は慶応大学で「ミス慶応」に輝いたこともあるそうだ。源は大学卒業後、ホリプロへ入社し、03年に独立した。

   4月3日、東大駒場キャンパスの昼下がり、桜が咲き乱れている下で、2人は持参したワイングラスを優雅に傾けていた。グラビアに仲良く並んで話している2人の姿が桜に包まれている写真が載っている。いい雰囲気だ。

   その後2人は、源が借りている仕事部屋に入り、2時間半後、出てきた與芝は急いで電車に飛び乗り勤務先のさいたま放送局へ戻ったという。

   2人は週刊文春の取材に、会っていることは認めているが、そんな関係ではないと否定している。この2人も、これから大変だろうな。同情する。

   週刊現代では、以前週刊新潮で不倫をしていると報じられたテレビ朝日の制作部長(57)が、男女関係には比較的寛容なテレビ局なのに、部長職からゼネラルマネージャーに降格にされたと書いている。

   週刊新潮が報じたきっかけは、不倫をしていた40代のスタイリストに、男の奥さんが慰謝料200万円を要求したからだ。そのとき、不倫している相手と食事したカネを、領収書をもらって会社に請求していたと書かれていた。

   そこでテレ朝が調べると、出るは出るわ。私的流用がわかったということで降格処分になった。

   制作の人間が外の人間と会ってメシを食うことはよくあることだから、これほど大ごとにならなければ、お咎めなしだったのかもしれない。だが、奥さんが騒いだために、社としてもケジメをつけなくてはいけなくなったようである。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中