青春時代を過ごした新宿を訪れる 松本隆さん

【小さな旅 シリーズ わたしの東京物語(2)「風吹く街~新宿 松本隆~」】  総合 04月16日(日) 08:00 ~08:25

印刷
(C)NHK
(C)NHK

   「ルビーの指輪」「赤いスイートピー」。一度はこれらの曲名を耳にした方も多いのではないか。数々の名曲を生み出した作詞家の松本隆さんが、青春時代を過ごした東京・新宿を旅する。アングラ演劇、ヒッピー、フォークゲリラなど、1960年代当時、新宿は新しい若者文化を象徴する街だった。松本さんの音楽活動の原点となった花園神社界隈や、歌詞に影響を与えた路面電車の線路跡、ビルの谷間に残る商店街などを巡りながら、青春の街・新宿の今昔を見つめる姿を取材した。

*小さな旅 シリーズ わたしの東京物語(2)「風吹く街~新宿 松本隆~」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中