こんなに高金利「銀行カードローン」借り入れ雪だるまで自己破産急増

印刷

   「手続きは30分 スピード審査」などの謳い文句にした銀行のカードローンが拡大している。貸出金額はこの5年間で60%増の5兆4377億円に達する。それに伴う過剰融資も急増中だ。自己破産を申請した50代のシングルマザーは年収200万円だが、銀行4行からのカードローン借り入れは250万円だった。

   「消費者金融は金利が高いとか、取り立てが怖いなどのイメージがあったのですが、銀行は安心感があり、実際に行ってみると、窓口で免許証を提示して年収を申告しただけでした」

   離婚で引っ越し費用など急な出費があったため、さっそく50万円を利率14.8%、毎月1万円返済という条件で借り、契約カードと通帳を渡された。その後にいくら借りても返済額は月1万円というリボルビング方式だったが、ここに落とし穴があった。4年後、息子の学費のため別の銀行のカードローンで100万円を借金し、さらに「最初のローンを完済してないのに、また貸してくれるというダイレクトメールが来て、ダメ元で申し込んだら30万円を借りられた」という。借金はたちまち膨れ上がり、返すメドが立たず自己破産に追い込まれたのだった。

50万円借りると返済総額75万円

   経済評論家の荻原博子さんは銀行カードローンは実は金利が高いと警鐘を鳴らす。

   田中泉キャスター「3%ぐらいからと書いてある所も目にするんですけれども、実際はそんなことはないんですか」

   荻原「3%もあるんですけど、それはものすごく大きな額を借りるとかのときで、すぐに返済するとかで、借りるとなると10%から15%ぐらいになっちゃいますよね」

   とくにリボルビング方式による返済は要注意です。(借りた50万円)は1万円ずつ払っていけばいいわけですが、またお金が足りない状況が出てくる。そうするともう1枚カードを作って、それでまた借りて、いろんな所にお金を払って、でも返済は1万円ずつ。気が付いたときにはものすごい金額を借金している可能性があるんです」

   50万円を利率14%で借りて月1万円のリボ方式で返済すると、利率分だけで50万円の半分25万4720円になり、返済総額は6年間で75万4720万円にもなる。

銀行と消費者金融「丸儲けのカラクリ」

   銀行がカードローンを拡大している背景にはマイナス金利がある。収益の柱の一つだった国債の運用は利回り低下で大きく落ち込み、企業への融資も利ザヤがほとんど稼げない。そのためカードローン営業に走っているのだ。ある大手銀行は収益の半分を消費者ローンが占め、別の地方銀行も2割に達していた。

   銀行もマイナス金利政策で四苦八苦しているように見えるが、銀行がカードローンに走る背景には消費者金融との共存というカラクリがある。不特定多数の個人向け融資のノウハウを銀行は持っていないため、審査を消費者金融会社が請け負い、利用者が返済不能に陥った場合でも銀行の損出額を消費者金融会社が全額保証し、銀行は損をしない仕組みになっている。消費者金融会社も銀行から多額の手数料が入るため、返済不能があっても全体として儲けは維持できるのだ。

   自己破産も13年ぶりに増加した。消費者金融に詳しい宇都宮健児弁護士は「多重債務者が増えている証しです」という。「貸金業の総量規制の適用がない銀行カードローンの過剰融資が大きいですね。銀行に審査体制の確立、銀行にも総量規制の適用を提案しているところです」

   地方銀行で働いていた元銀行マンは「消費者ローンの獲得キャンペーンがあって、それで銀行内上位に入ると表彰されるんです。僕は数千万円だったと思うけど、若い行員は消費者ローンの案件をどれだけ取ってくるかが人事評価の大きな柱になっています」と話す。超低金利、消費煽り、増えない賃金で、カードローン借金は拡大しそうだ。

モンブラン

クローズアップ現代+(2017年4月12日放送「若者もシニアも破産急増!?銀行カードローン」)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中