木嶋佳苗の絶望「早期死刑執行を請願」心の奥底に母親との激しい葛藤

印刷

   木嶋佳苗(42)という女性を覚えておいでだろうか。婚活サイトで知り合った男性3人を練炭自殺と見せかけて殺害したと殺人罪に問われ、きょう14日(2017年4月)に最高裁で上告が棄却され死刑が確定した。その彼女が週刊新潮に「東京拘置所から愛をこめて」という手記を寄せている。

   彼女は獄中でも結婚、離婚、再婚をし、房内をパステルカラーのバスタオルで覆い、ベターッと開脚や筋膜リリース、タバタ式などのストレッチを欠かさず、好きなブラジャーや下着を着けながら、優雅に暮らしていると書いている。食欲は旺盛で、いろいろなサンドイッチを作って楽しんでいる。性欲は「考えないわけではないけど性欲で息苦しくなることはない」(木嶋)そうだ。

   自分が犯した罪については触れていないが、自分は無実だと主張しているようだ。だが、彼女は死刑確定後に法相に対して早期執行の請願をするというのである。その背景には母親との激しい葛藤があるようだ。母親は執筆することをやめなければ一切の支援を打ち切る、弟妹や甥姪との交流も禁じると宣告し、彼女がそれを拒否すると敢然と実行したという。

   拘置所内の生活は外部の支援なしでは立ちいかない。木嶋は母親のやったことを「悪意の遺棄」と書いている。それに、父親が母親によって「心を蝕まれた結果、還暦で死を選んだ」ことなど、複雑な家庭や母子の間の愛憎があるようだ。

   木嶋の学歴は知らないが、文章はうまい。拘置所内で多くの本を読んでいるそうだが、もともと書くことが好きで文才もあったのだろう。以前、ジャーナリストの青木理を好きだといっていたが、そのことはここには書いていない。不謹慎かもしれないが、編集者としては、彼女の文才を駆使して、犯罪を犯す人間の心理や行動について書いてもらいたいと思う。

   週刊新潮が以前から告発していた死刑囚・矢野治が告白した2件の殺しについて、ようやく警視庁が動き、遺体を掘り起こして異例の確定死刑囚の逮捕に踏み切った。この事件については以前にも書いているのでここでは触れないが、矢野死刑囚が殺人を告白したのは、殺人容疑で逮捕されれば死刑執行がそれだけ遅れるからだ。命を長らえたいがために自白したが、逮捕されると、その件とは何の話だ、知らねえと話すことを億劫がるようになってきたという。死を前にした人間はあの手この手で死からできるだけ遠ざかりたいために、いろいろなことを考えるのだろう。

   木嶋は手記のなかで、こういっている。「現在、130人程度の死刑確定者のうち約7割が再審請求をしている。その多くは、再審請求中は執行を回避できると信じて形だけの請求を続けている人だと断じてもよいでしょう」

   彼女のこの冷静さはどこから来ているのだろうか。

「死ぬまでセックス」で長生き?心臓病や前立腺がんリスク低下

   このところ何度も書いているが、最近の週刊ポストっておかしくないか。今週のトップは物忘れが激しい人と記憶力が衰えない人の「分かれ目」はどこにあるかという特集だが、目新しい情報があるわけではない。インドに認知症が少なく、カレーに使われるターメリックに含まれるクルクミンが、アルツハイマー型認知症の原因物質といわれるアミロイドβが脳内に蓄積されるのを防ぐ効果があるというのも、これまでいくつか読んだ記憶がある。それとも、私の認知症が進んだので、これはもしかするとものすごい情報なのか。

   右トップは「金庫バカ売れ!?富裕層は現金で貯める」。読まなくても内容がわかるではないか。SEXYグラビアと「死ぬほど死ぬまでSEX」特集はそこそこ充実しているのだが、メインの特集がこうではちと心配だ。

   週刊文春が「死ぬまでセックスは健康にいいのか」という特集を組んでいる。普通、高齢者が激しい運動をすれば心臓病などの発症リスクが高まると思うが、そうではないらしい。世界的権威があるアメリカ心臓学会は、セックスが心筋梗塞の原因になったケースは1%以下で、セックスを活発にしているほうがリスクが少ないというのだ。

   月に21回以上射精をしている人は前立腺がんのリスクが非常に低いというのだが、どうしたらそんなに射精ができるのかね。よほど若い嫁さんか愛人でも持たないとできないと思うのだが。高齢者の体位についてまで触れている。男は正常位での射精時が血圧、脈拍ともに一番高くなるから、女性上位や側臥位がいいそうだ。

   当然だが、不倫は心筋梗塞の発生率が高くなって腹上死の危険が高くなる。家での腹上死はほとんどないそうだ。腹上死してもいいから若い女性と付き合ってみたいものだが、無理だろうな。

「ブルゾンちえみ」素人の宴会芸じゃ笑えない・・・芸なし芸人がテレビ席巻

   キャリアウーマン風のいで立ちで「花は~自分からミツバチを探しに行きますか?・・・探さない。待つの」と上から目線の恋愛指南をするお笑い芸人にブルゾンちえみ(26)というのがいるそうな。先週の週刊文春は先の言葉が某占星術師の本からのパクりではないかとネットで話題になっていると報じているが、そんなことはどうでもいい。どうせ今の芸人にオリジナリティなどあるわけがない。

   私はお笑いを見なくなって久しいが、ときどきチャンネルを間違えて芸人が出ていることがあるが、まったく笑えない。笑えないお笑い芸人など、何とかのないコーヒーより始末が悪い。そんな芸無し芸人をもてはやすテレビ局やファンがいるのが、さらに彼らを増長させるのだ。先日も、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(44)と俳優の佐々木希(29)が結婚することを公表したとスポーツ紙が報じていた。何が悲しくてこんな年上のオジンと、可愛い盛りの女が結婚しなくてはいけないのだ。

   忠告しておく。才能のある芸人は家では面白くもなんともない。外面は芸のための仮面なのだ。女はもちろん、通りを歩いている犬だって笑わせることができるが、家ではうんともすんともいわないのが当たり前なのだ。渥美清を見なさい。彼は仲間に自分の住所さえ教えなかった。ビートたけしを見なさい。家にあんな顔の男がいたら子供はひきつけを起こす。昔、私が付き合った萩本欽一だって、舞台を降りればタダの無口な人間だ。外でも家でもヘラヘラしている奴にろくな芸人はいないのだ。

   週刊現代が笑えないお笑い芸人ワースト30をやっているが、これは企画間違いだと思う。笑える芸人のほうが圧倒的に少ないのだから、ベスト3を選んだほうが読者の役に立つ。

   このワースト1にもブルゾンちえみが選ばれている。ただの素人の宴会芸だと評されているが、そんなのは彼女だけじゃない。2位にはオリエンタルラジオの中田。3位が昨年200本以上にテレビに出たという永野。続いて品川庄司、芥川賞作家のオマケといわれるピース綾部が5位。30位まで挙げても何の足しにもならないからここでやめておく。

   芸無し芸人がテレビを席巻しているのは、安く使えて便利だからで、テレビのディレクターに芸のわかる人間などいないからだ。元吉本興業の木村政雄がいうように、今は籠池のような濃いキャラクターのほうがはるかに面白い。心から笑いたかったら、バラエティ番組を消して報道番組を見るべきである。

三越伊勢丹「前社長派首切り部屋」の冷酷・・・座る椅子もなく50人以上押し込め

   週刊現代が社長追い出しクーデターが起きた三越伊勢丹で、粛清が行われていると報じている。業績が良くなく社長が追い出されたのだから首切りは仕方ないだろうが、追い出し部屋をつくり、部長クラスが数人、課長・係長クラスが20人以上、そのほかを含めて50人以上が押し込められたというのだ。

   部屋は椅子が20~30脚ぐらいしかなく、パソコンも全員で3台しかないというから、何人かは立ったまま、スマホでも見てろということか。老舗の三越伊勢丹とは思えないやり方で、社員たちの反発を招いているようだ。それも、追い出し部屋に行かされるのは大西前社長と親しくしていた幹部や社員たちが多いというから、大西派排除のためと勘繰られても仕方ないのだろう。

   業績不振、三越と伊勢丹の寄り合い所帯、クーデターの後遺症など、不安要因が渦巻き、社員の士気は上がっていないというが、私はもうデパートの時代ではないと思う。リストラや閉店するよりも、新しい形の百貨を売る箱としてのデパート(この名前も古いね)をどうつくるのか、それを考え出せない限り、消えていくしかないのではないか。

ユナイテッド航空より怖いバニラエア「そのうち落ちる」とパイロット

   アメリカのユナイテッド航空内で、搭乗している乗客を自分のところの社員を乗せるために無理やり引きずり下ろすシーンが動画で撮られ、この会社の飛行機には乗らないという人が増えているという。私はそういう無礼なことに出会ったことはないが、もしそうされたら、その飛行機を爆破してやる。

   ユナイテッドではないが、今人気のLCCという格安航空会社バニラエアのパイロットたちが「こんなんじゃ、そのうち落ちるよ」といっているというのだから、こちらも穏やかではない。ここは片道1万円以下というのがウリだそうだ。だが、週刊文春によると、慢性的な人手不足のうえ過密スケジュールだから、パイロットやフライトアテンダント(FA)から、行きたくない、死にたいなどという言葉が出ているそうだ。

   人手不足だから、操縦士の病欠や欠航も増えている。今月(2017年4月)7、8日には成田―セブ便が欠航してしまった。そんな状況なのに、会社は「新規路線を就航する」といい出していて、「もう頭がおかしいんじゃないかとしか思えません」(バニラエアのFA)。2月26日には、新千歳空港から成田空港へ向かったバニラエアで副操縦士が体調を崩し、操縦不能になったという。しかし機長はアナウンスせず、管制官への連絡も行わず、機内電話でFAを個別に呼び出したそうである。

   バニラエアの関係者は「もっとも事故の発生率が高い着陸前の時間に、客室の乗務員が持ち場を離れ、コクピットにいるということ自体が異常」だと話している。週刊文春のいうとおり、「安かろう、危なかろう」で済まされる話ではない。

藤井聡太四段14歳の自信「1年以内にタイトル?6回チャンスありますから」

   フライデーは清原和博(49)の弟分といわれる人間が突然自殺してしまったと報じている。彼は43歳。六本木でサパークラブをしていたが、清原が釈放されたときに運転手をやり、清原が宮古島に潜伏していたときも同行していた。自殺する直前までお客と飲んでいたのに、家に帰って首を吊ってしまったという。知人は、睡眠薬を常用していたから、酒とそれを飲んでオーバードーズ状態になっていたのかもしれないという。

   葬儀に現れた清原は、写真で見る限り、少しやつれ心ここにあらずという姿である。清原の薬断ちはうまくいっているのだろうか。

   最後は将棋界に現れた新星、藤井聡太四段の話。御年14歳。週刊文春によれば、羽生善治九段の10代のころと同じようだという。1年以内にタイトル(6タイトルあるそうだ)を獲る自信はと聞くと、「まあ、六回チャンスがありますから」と答えた。頼もしい。最強の将棋ソフト「ボナンザ」に勝てるかという質問には、「人間に比べるとコンピューターの能力の進化は限度がないです。そういう意味では人間とコンピューターが勝負する時代ではなくなったのかなと思います」。答え方のうまさはコンピューターを凌駕している。

【蛇足】皐月賞カデナ・・・ディープ産駒の理想的な馬体重と脚質

   「競馬に絶対はない。だが、ルドルフには絶対がある」

   そういったのは1985年の天皇賞秋、シンボリルドルフで勝った野平祐二騎手である。

   先週の桜花賞のソウルスターリングは、いくら馬場が重いといってもだらしなかった。あれだけの馬があっさり負けるのだから、競馬は難しい。そのうえ大混戦の皐月賞だ。当てるのは難しいだろうが、どうせ当たらないのだからチャレンジしてみよう。

   本命はディープインパクト産駒の中では理想的な馬体重と脚質のカデナ。対抗はアウトライアーズ、▲がウインブライト、△スワーヴリチャード、ファンディーナ、休み明けも力は抜けているレイデオロ、大穴ならデムーロのペルシアンナイト。GOOD LUCK!

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中