2018年 8月 19日 (日)

中国は「宅配便ぶん投げ」当たり前!四角い段ボールが丸くなって届く

印刷

   中国の宅配はめちゃくちゃだ。重慶で撮られたという映像では、倉庫のような建物に小包がいっぱい積み上げられていて、作業員が仕分けているのだが、乱暴にぶん投げる。運搬車の積み下ろしも放り投げだ。ネットには苦情が溢れている。「職場に送った荷物が1か月経っても届かない」「届いた荷物が粉々に壊れている」

   消費者センターへの苦情の90%以上が宅配便に関するものだという。中国の宅配事情に詳しい専門家は「購買動向が急激に伸びているのに、物流のインフラがついていけないんです。物流はずっと前の時代のまま」という。自動化されているのはわずかにベルトコンベアくらいのもので、そこに乗せる時もぶん投げである。

扱い個数急増、人手不足で「丁寧にやってられないよ」

   中国でもインターネット通販の拡大で宅配が急増している。2011年には37億個だったものが16年には313億個、政府は「2020年までには700億個になる」と見ている。ちなみに、クロネコヤマトは8億個である。

tv_20170421162013.jpg

   人手不足もひどい。運転手や作業員は配達数が増え労働時間が長い宅配より、収入が多くて労働時間が短いフードデリバリーに流れてしまうらしい。人手が足りないのに荷物は増え続け、さらに「早く届けろ」と要求されて、業者はとにかく早く処理するため荷物の扱いは二の次なのだ。

   司会の羽鳥慎一「それにしても、ぶん投げはすごいね」

   野上慎平アナ「届いた時には、四角いダンポールが丸くなってたなんていう話もあります」

   羽鳥「数が違いますよね」

   野上「中国人は通販で届いたものが気に入らないと、すぐ返品するというんです。これがまた個数の増加になる」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「日本では、仕分けは機械がやって配達で人が足らなくなっていますが、仕分けも手作業で、荷物が増え続ければこうして放り投げることになるのかなあ」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中