<今週のワイドショー>トランプ・金正恩「チキンゲーム」どこまで本気?日本いい迷惑!

印刷

   伏兵だった17歳の活躍は驚きだった。「卓球・平野美宇のアジア選手権優勝はチョー価値がある! 世界ランク1位、2位、5位の中国選手を撃破!」(2017年4月17日、フジテレビ、とくダネ!)など各局が伝えた。ほとんどノーマークだったため、ワイドショーの映像を通じて、そのすごさ、価値が伝わった。

   アメリカと北朝鮮の危険な「チキンゲーム」は続いている。「東京・国会議事堂に北朝鮮核ミサイル落ちると42万人死亡!米国防総省がショッキングな試算」(18日、TBS、あさチャン)は、日本が当事者であることを訴えた。

   若作りの容姿が目をひいた。「『つなぎ融資の女王』山辺節子容疑者、無言で帰国 熊本で7億円詐取の本格的取り調べへ」(19日、同)。タイなどで浪費され、被害者には金は戻ってこないだろう。熊本はかつての「ネズミ講」の本場、ときにこうした妙な経済事件の舞台となる。

   緊張が一瞬ゆるんだ。「空母カール・ビンソン、本当はインド洋へ向かっていた!朝鮮半島近海には来週到着か」(19日、日本テレビ、スッキリ!!)。朝鮮半島近くにいるとのホワイトハウスの発表は誤りで、国防総省もあえて訂正しなかった。その意図は? ともあれ、空母は北上している。

   このニュースには驚いた。「自民・女性議員との『痴話喧嘩』と不倫女性へのストーカー? 中川俊直議員が政務官を辞めたワケ」(20日、テレビ朝日、モーニングショー)。長期政権のたががゆるんでいるのか、閣僚の失言も目立つようになった。(テレビウオッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中