「緊急取調室」17.9%で好スタート...刑事ドラマが「我が世の春」

印刷

   天海祐希が取調官に扮する人気ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系、木曜よる9時)の初回視聴率は17.9%で、この春始まったドラマの中で視聴率トップを走っている。

 

   「緊急取調室」の放送は3年ぶり。井上由美子の脚本で、天海のほか、田中哲司、でんでん、小日向文世、大杉漣といった個性的な取調官が丁々発止のやりとりをする刑事ドラマだ。

 

   初回の視聴率ランキングでは、2位が同じテレビ朝日系の「警視庁・捜査一課長」の14.5%、3位が「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(TBS系)13.9%、4位が「小さな巨人」(TBS系)13.7%と上位4位までを刑事ドラマが占めた。まさに刑事ドラマが「我が世の春」を謳歌している。どうした? 恋愛ドラマ。(テレビウオッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中