鎌倉「江ノ電」観光客殺到で通勤・通学で乗れない!連休中は住民優先

印刷

   ゴールデンウイークの鎌倉・江ノ電(江ノ島電鉄)の混雑ぶりは異常だ。乗るのに1時間待ちもあって、これが目当ての観光客は仕方がないとして、住民は大迷惑だ。「早朝と夜遅く利用する」「GWは外に出ない」「他所へ旅行に行く」とやり過ごすのだが、通勤・通学など生活時間帯に乗らなければならない人も大勢いる。

乗客の7割が観光

   そこで、鎌倉市は社会実験をすることになった。「江ノ電沿線住民等証明書」を見せると、駅外の乗車待ち行列をスキップして、改札を入ったコンコースに並ぶことができる。ただし、今回は実験なので、5月6日(土)鎌倉駅西口のみ。

tv_20170428150048.jpg

   司会の羽鳥慎一「江ノ電乗りたいものね」

   野上慎平アナ「年間1700万人が利用するのですが、うち1200万人が観光客です」

   乗客の7割が観光目的というわけで、観光客の反応はいかがか、鎌倉市は気をもんでいる。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中