「いまどきの若い子は!」思わず言いたくなるテレビ番組制作現場

印刷

   30代後半にもなると、ついつい言ってしまうんだなぁ。「最近の子たちってさあ」。口に出した途端、恥ずかしくなってしまうのですが、やっぱり最近の子たちが「けしからん!」と思うようなことが増えてきた。たとえば、気になったらもう止まらなくなる若いADちゃんたちの行動だ。

   たとえば、会議の議事録を写メで送ってくる。ホワイトボードに下手くそな字で書かれた写真なんかをなんで見なきゃならんのだ。細かい部分の字が見えなくて、画像を拡大しながらみていると、おばさんはプンスカ。これはやっぱり失礼な気がします。

   それも、スタッフ間で作ったラインのトークグループでそのまま画像を送ってきます。編集が仕上がった動画がラインで送られてくる事も増えました。その方がデータ圧縮にかかる時間が短いのと、データを確認してくれたかどうかが既読でわかりますしね。便利ではあるのですが、なんだか業務連絡の気がしません。友達同士で面白い動画があったよと送り合っている印象が強くて、少しだけ複雑な気持ちになります。

歩きながら大事な取材先に電話

   他にも、取材先に歩きながら電話をする。それも最近の子はすごい。仕事を初めて依頼する際、当然静かな部屋で電話をするのがマナーですが、周りがザワザワガヤガヤしてうるさい中でも平気です。

   大人が若者に目くじらを立てて注意する。古代エジプトでもあったと記録されているそうですが、その内容は時代とともに変わっていってしまうものなのでしょうか。あと5年もしたら、なんでイライラしていたのか、自分でも忘れていることでしょう。でも、また別のことで若い子たちの行動に文句を言っている気もします。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中