現実味のないデタラメな脚本 俳優は出るだけ無駄!
〈あなたのことはそれほど 第1回、第2回〉(TBS)

印刷

   占い師に「2番目に好きな人と結婚すると幸せになれる」と言われて、高校時代から恋い焦がれていた有島光軌(鈴木伸之)ではなく、勤めている眼科に来た患者の渡辺涼太(東出昌大)と結婚した三好美都(波瑠)。夫にはときめかないと親友の香子にこぼしている。その美都が有島と何年振りかで出会い、いきなりホテルに直行する。
   何がデタラメだといって、美都には料理まで作ってくれる優しい夫がいるし、有島も結婚していて、妻の麗華(仲里依紗)は身重で出産直前なのに、この2人がヘラヘラと温泉旅行に出かけるのだ。案の定、温泉旅館に妻が出産したという電話が来て、美都は取り残される。いやしくも医療事務という職業についている美都が夫の留守に、道徳観のカケラもない不倫旅行という背徳行動に出る筋書きには鼻白む。お前は野生のネコか? あるいは知能指数0か?
   いい年こいた女たちが、四葉のクローバーさがしにうつつを抜かしたり、女子会で結婚話に励んだり、現実味のないことおびただしいバカ脚本で、さすがにマンガ原作らしい脳味噌空っぽぶりだ。波瑠はNHKの朝ドラでいい役を演じて、1流女優の地位を確立したのに、こんな時間の無駄ドラマに出るとは呆れる。主演だ主演だとおだてられての出演としても、才能を枯渇させるだけである。今後、夫の涼太がモンスター化するとかで、東出も好感度の高さで売っている俳優としてプラスになるとは思えない。どっちでもいいけど。
(放送2017年4月25日22時~)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中