2018年 9月 21日 (金)

ゴールデンウィークはおおむね晴れの予報 4日以降は各地で雲が増える

印刷

   ゴールデンウィークのきのう4月30日(2017年)は、全国3560カ所の観測点で25度以上の夏日となり、鳥取県内の2カ所では30度を超す真夏日となった。しかし、おとといは全国的に大気が不安定で、青空から一転して雨や落雷、突風が荒れた地域もあった。岡山県や新潟県内でヒョウが降り、日光や東京都内も池袋駅前などで急な雨、愛知県半田市では練習中のヨット10艇が転覆し20人が海に投げ出されて危うく救助された。連休中の天気はどうなるのか。

1日午後は東京都心で雨

tv_20170501111903.jpg

   気象予報士の天達武史は、雲ゆき変化の可能性を示したというボーダー柄のTシャツで登場し「局地的に激しい雨が降るところもありそうです」と注意を呼びかけた。きょう5月1日は、日本海側にあった雨雲が東や南に広がり、東京都心でも午後2時以降は雨が降る所もありそうだ。夕方にはやむが、天気は変わりやすい。

   天達予報士は乳房雲(下部が乳房に似て丸くふくれ、氷の粒を大量にふくむ)や積乱雲(夏によく湧き、25メートルプール150杯分の雨量を持つ)が出れば警戒が必要と話した。「GWは大まかには晴れですが、4日以降は各地で雲が増えます。大阪や福岡は雨の可能性もあります。熱中症にもご注意を」

   司会の小倉智昭「後半に雨が降るかもわからないということですね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中