いきなり電話するのは失礼な「電話野郎」説...ネットでの風説を番組が検証してみた

印刷

   「電話野郎」という言葉があるんだそうだ。何かと思ったら、いきなり電話してくる人のことだという。ネットでは、「デリカシーがない」「相手の時間を奪う行為だ」「失礼だし非常識」「気が利かない」と非難の嵐だというのだが、ちょっと待って。電話っていきなりかけるものじゃなかったの?......
[記事に戻る]

001
今昔物語 2017/5/ 1 18:43

昔は固定電話しかなかったから、そもそも電話のないところでは電話をかけることも受けることもできず、電話で話せる時間や場所はある程度限られていた。
しかし、現在では携帯電話やスマートフォンが主流となり、携帯電話などを持っていれば、仕事中であろうと旅先であろうと、こちらがどこで何をしてても、電話がかかってきたら出るのが当たり前のようになっている。
だが私は、相手がどんな状態にいるかを考えずかにけてきて一方的に時間を取られる電話が大嫌いで、番号非通知はもちろん番号通知でも電話帳に登録されてない番号やフリーダイヤルの電話には一切出ないことにしていて、電話帳に登録している人からの電話であっても気分によっては出ないこともある。
本当に大切な用事であれば留守電にメッセージが残されるので、それを確認してこちらからかけ直せば全然問題ない。

002
彩夏 2017/5/ 1 22:56

通販会社から掛かって来ますね。話が、長い。
いつどこで切ろうかと思うが、なかなかタイミングが難しい。0120の電話は、取らないようにしましたよ。

003
ダメだこりゃ 2017/5/ 2 02:45

肌身離さず電話を抱えていれば、四六時中電話に振り回されてもしょうがない。
外出中は解放される据え置き電話と違い、携帯電話とはそういう道具であって、便利なだけではないのだ。
それを承知で買ったんじゃないの?
わざわざ携帯電話を所有して電話する気満々の者が、こういうことを言いだすのは矛盾している。
嫌なら携帯電話を持たないライフスタイルに切り替えろ。
このテの輩は、こう説明しても言い訳ばかりするのだろうな。

004
場合によるのでは 2017/5/ 2 09:39

その番組見てませんが、最初の問題点の設定がおかしいというか、むしろ、
「いきなり電話するのは失礼じゃない」
「誰でもどんどんいきなり電話すべきだ」
と言う結論ありき、というかそちらに結論を誘導している気がしますね。
 
知らない人には携帯や自宅の電話番号やメールアドレスを
教えなければいいのでは?つうか、普通みんなそうしているでしょ。
テレビにでてるフリーの芸能人の人や自営業の人やフリーランスの人、
いわゆる業界関係者は、営業用に名刺に刷っていたりするのかな。
まぁそういう特殊な人たちはどうかしりませんが。
 
どこから調べたのかわざわざつきとめて
教えた覚えもない番号やアドレスに
状況不問でいきなり電話したりメールするのは
失礼で非常識と言われるのはあたり前ですよ。
 
これってよく不法侵入や迷惑行為で非難される
マスコミの市民への強引な取材方法を擁護しているようにも見えますな。

005
わざわざ議論するようなこと? 2017/5/ 2 17:09

電話に出られない時は出ない。
出られる時だけ出る。
自分から電話をかける時は、なるべく相手に繋がり易い時間にかけて、繋がれば電話して良い状態か尋ねる。どちらがかけ直すかなどは協議次第。緊急なら留守電もあるしね。

固定電話でも携帯電話でもスマートフォン(フォン=電話の意味)電話に「電話するのは失礼」って本末転倒。
深夜や早朝、ストーカー並に頻繁で悪質でないなら、「電話は電話をする為の道具」でしょう?
よく電話をかけてくる相手に対しては、自分の都合がつき易い時間帯を教えれば良いし、それを無視する相手なら付き合い自体考えれば良い。基本的に留守電にするものありだ。
そういう「ちょっと面倒な意思表示」をすっ飛ばして、「空気読め=こっちの都合を察しろ」って魂胆だから、こんなどうでも良い問題になるんだよ。
暇なの?

006
TuH 2017/5/ 4 10:58

001は,「掛ってくる電話は迷惑だけど,自分から掛けるのはいつでも良い」ということだね。

007
砂布巾 2017/5/ 7 17:45

固定電話は別として、携帯電話というものは、
常に携帯するものだから、それを所有した時点で
そういうことは理解しておくべきだと思うが。

嫌なら携帯電話を持たないでハンディサイズの
タブレット端末でも持てば良いだけの話。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中