2018年 5月 26日 (土)

<1年前のワイドショー>「パナマ文書」大金持ちたちのおいしい税金逃れ・・・タックスヘイブン公表されても開き直り

印刷

   大金持ちたちは税金でもうまいことやっているんじゃないか。庶民が抱いている疑念通りだった。課税を逃れたり、軽減するためのタックスヘイブン(租税回避地)のパナマに口座や会社を持つ企業や富裕層のリスト「パナマ文書」が、去年(2016年)5月に公表された。

   アイスランド首相、プーチン・ロシア大統領、キャメロン英国首相、中国の習近平主席らやその親戚・知人の名前が記録されていた。日本人も少なくなく、朝ワイドは<「パナマ文書」けさ公開!日本関係も24法人、400人・・・UCCコーヒーやセコムの経営者>(「とくダネ!」)、<パナマ文書に楽天・三木谷会長・・・「利益も得ていないし租税回避の目的ない」>(「モーニングショー」)と報じた。

   しかし、タックスヘイブンで税金逃れをしても国内法では合法なため、不明朗な会計処理の実態が解明されることもなく、名前が公表されただけで騒ぎは終わった。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中