2018年 9月 19日 (水)

美声『メジロ』の違法捕獲・飼育で捜査!1羽数百万円で取り引き

印刷

   キャスターの夏目三久が「美しい鳥の声をお聞きください」と言って流れたのはメジロの鳴き声だった。体長約12センチ、目の周りが白いことからメジロと呼ばれ、愛らしさと鳴き声の美しさで室町時代から愛されていたという。しかし、乱獲で激減し、いまは絶滅危惧種(レッドリスト)に指定され、違反すると1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられる。

   大阪府警はきのう11日(2017年5月)、メジロを違法に捕獲・飼育していたとして、鳥獣保護法違反で愛好家らの自宅など12か所を家宅捜索し、171羽のメジロなどを押収した。飼われていたメジロは「鳴き合わせ会」と呼ばれる闇のイベントに参加するためだった。

   「あさチャン!」はこのイベントの映像を入手した。

3分間に何回鳴くか

   茶色い木箱のようなものを手にした人が、大阪府堺市の自治会館に集っていた。木箱から鳥かごを取り出すと、メジロが入っていた。笛が鳴り、メジロがいっせいに鳴き始める。3分間に何回鳴くかを競うのだ。高感度マイクで自動的に計測・カウントされる。

tv_20170512114447.jpg

   成績がよいと大関、横綱などの番付が与えられ、賞品が贈られる。横綱クラスでは700回以上鳴くこともあるそうだ。この日の「鳴き合わせ会」で上位の参加者をリポーターが直撃すると、「まぐれや。680回以上いっていた」とご満悦だった。

   それもそのはず、通常1万~2万円で密売されるメジロだが、良く鳴く高番付のメジロは数百万円の値が付くこともある。このため、全国で密猟が後を絶たない。家宅捜索した大阪府警によると、1カ所で47羽飼育していた愛好家もいたという。

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中