「逃げるは恥だが役に立つシナリオブック」、発売前に重版決まる

印刷

   昨年大ヒットしたTBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のシナリオブックは、19日の発売を前に各ネット書店では予約販売分が売り切れる人気となっている。脚本を手がけた野木亜紀子氏は16日(2017年5月)、自身のツイッターで重版が決まったことを明らかにした。「逃げ恥」人気はまだ続いているようだ。

   野木氏は「発売前ですが重版が決まったそうです。部数・時期は未定ですが、欲しい方のお手元には届くと思います」とつぶやき「ではここで心さんと小泉くんに踊っていただきましょう。 \重版出来!重版出来!重版出来!/」と自身の前作にかけて綴っている。

   同シナリオブック(野木亜紀子著、海野つなみ原著)はKCデラックス(講談社)から発行。1404円。重版により、書店で手に入りやすくなることは間違いない。(テレビウオッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中