2018年 8月 16日 (木)

「逃げるは恥だが役に立つシナリオブック」、発売前に重版決まる

印刷

   昨年大ヒットしたTBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のシナリオブックは、19日の発売を前に各ネット書店では予約販売分が売り切れる人気となっている。脚本を手がけた野木亜紀子氏は16日(2017年5月)、自身のツイッターで重版が決まったことを明らかにした。「逃げ恥」人気はまだ続いているようだ。

   野木氏は「発売前ですが重版が決まったそうです。部数・時期は未定ですが、欲しい方のお手元には届くと思います」とつぶやき「ではここで心さんと小泉くんに踊っていただきましょう。 \重版出来!重版出来!重版出来!/」と自身の前作にかけて綴っている。

   同シナリオブック(野木亜紀子著、海野つなみ原著)はKCデラックス(講談社)から発行。1404円。重版により、書店で手に入りやすくなることは間違いない。(テレビウオッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中