5月はバーベキュー注意!山火事で最も多い「火の不始末」空気乾燥し燃え広がり

印刷

   各地で大規模な山火事が相次いでいる。3月から5月は1年で山火事発生件数が最も多いシーズンで、森林総合研究所の後藤義明さんによると「乾燥と強い風が多発の原因でしょう。ただ、自然に起こる山火事は1%もありません。99%以上は人が起こしています」

 

   この時季は空気が乾燥しているので、火種があると周囲の枯れ草や木に一気に燃え広がる。その原因のトップは「たき火」や火の不始末で、26・5%と4件に1件だ。バーベキューの炭を消えていると思って捨て、山林に燃え移って山火事になったこともある。

 

   田中逸人アナが日本バーベキュー協会の下城民夫会長に「正しい炭の火の消し方」を聞いてきた。

水かけただけじゃ消えない炭火

 

   バーベキューの燃え残りの炭に田中アナがペットボトルの水をかける。ジューと音がして灰が舞い上がり、「炭は黒くなり消えたように見えます」。ところが、3分もすると再び赤く燃え始め元に戻った。中心部の火種はしっかり残っていたのだ。

 

   下城さんは水の入ったバケツを用意していた。「炭を一つ一つ水の中に入れます。シューッという音が完全に消えるまで沈めてください」。だいたい15秒くらいだ。「炭はすごく熱量があるので、確実に消すように気を付けなければなりません」(下城さん)

 

   井ノ原快彦キャスター「バーベキューがはやっているから、みんな手軽になんて思っていますが、実際はものすごく面倒くさいですからね。火を起こすところから消すまで」

 

   ゲストの木佐彩子(タレント)「責任者を作ったらいいですよね。火の元係っていう」  それ、いいアイデアだ。                      カズキ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中