福島のいまを見つめる

【福島をずっと見ているTV vol.68「いつでも帰ってこられる場所を…」】  Eテレ 05月20日(土) 14:00 ~14:44

印刷
(C)NHK
(C)NHK

   震災直後の2011年6月から放送を始めた「福島をずっと見ているTV」。7年目となる今年度からは放送時間を44分に拡大し、年間5本お届けする。ゲストはカンニング竹山さん。

   番組リニューアル初回の今回は避難指示解除後の生活を振り返る。一つ目は解除後3年がたった田村市都路地区。この4月、地区内の二つの小学校が統合され都路小学校としてスタート。番組MCで福島出身の箭内道彦さんが校歌を作詞作曲した。歌詞には児童たちの思いが目一杯込められた。

   二つ目は南相馬市小高地区。去年7月に避難指示が解除されたが、今も「市民の手」で食品や土壌などに含まれる放射線量を測定する日々が続く。

福島をずっと見ているTV vol.68「いつでも帰ってこられる場所を...」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中