錦織、マスターズ大会「イタリア国際」3回戦へ 右手首の不安は解消か

印刷

   17日(2017年5月)、テニスのマスターズ大会「イタリア国際」2回戦に、世界ランク9位の錦織圭選手が登場したそうだ。ランク30位のフェレールと対戦した錦織は、力強いプレーで一方的に攻め、セットカウント2-0のストレートで勝ち、3回戦進出を決めたという。

   先週のマドリードオープンは、右手首痛のために準々決勝を棄権。この試合でも手首の状態が懸念されたが、ファーストサーブを75%入れるなど、右手首に負担のかかるサーブが「非常によかった」(石井大裕・TBSアナウンサー)。

28日からの全仏オープンにも期待

   「これを見た瞬間、手首はもう大丈夫と」「(サーブでしっかりボールを叩けるのは)大きな安心材料と言ってもいいかもしれません」「(テニスの4大大会の)全仏オープンが28日からはじまりますけど、なにかいい具合に調子を上げてきてるなと」(石井)

   「手首の不安がないと、やはり精神的にも大きく変わってくるから、強気なプレーもでるかもしれないですね」(「あさチャン!」コメンテーターの織田信成)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中