BONNY PINK、父親死去の半月後に第1子出産 「バトン受け取ったかのよう」

印刷

   歌手のBONNY PINK(ボニー・ピンク、44)が5月20日(2017年)、4月に第1子となる女児を出産したことを、自身の公式サイトで発表した。同時に父親を4月にがんで亡くしていたことも明かしている。

   ボニーは公式サイトで「先の4月、私の人生において大きな出来事が2つありました」と報告。その1つ目として、父が亡くなったことを明かした。3年に及ぶがん闘病の末、息を引き取ったという。

娘と父親が「私の中で重なりました」

   そして、2つ目として第1子となる女児を出産したことを報告。女児の誕生は父の他界から「およそ半月」のことだったとして、

「父からバトンを受け取ったかのように、新しい命、我が第一子が(中略)この世に誕生いたしました」

とつづり、

「孫を抱かせてあげたいという私の願いは あと少しのところで叶わなかったけれど、力一杯生まれてきてくれた娘と、力一杯闘った父の勇姿が私の中で重なりました」

と父と娘を重ねた。

   さらに、父の他界と娘の誕生が大きなパワーになっているとして、

「また必ずみんなの前で歌います。その日を私自身楽しみにしているので、もうしばらく待っていていただけると嬉しいです。いつも支えてくれているファンのみんなにありがとう」

とファンに向けたメッセージを続けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中