会場外は無防備だったマンチェスター爆発事件 ソフトターゲットは防ぎようがない

印刷

   おととい(2017年5月22日)英・マンチェスターで起こった爆発事件で、IS(イスラム国)が昨日夜、犯行声明を出した。が、実質はリビア系移民のイギリス国籍を持つ青年の自爆で、先のロンドンでの車の暴走に続いて、またしてもソフトターゲット(一般人狙い)だった。防ぎようがないだけに、一層深刻だ。

 

   地元警察は23日、テロの実行犯をサルマン・アベディ(22)と特定した。リビア系イギリス人で、両親はカダフィ時代にイギリスに渡ったリビア移民だという。ISの鼓舞に乗った犯行とみられる。警察はまた、事件に関与したとみられる男(23)、2人の関係先数カ所を家宅捜索した。

 

   ISの声明は、「戦士の1人がマンチェスターで爆弾を設置し、コンサート会場の建物で爆発させた」とし、さらに「次は最悪の結果になる」と新たな攻撃を示唆している。

 

   爆発が起きたのは、マンチェスター・アリーナ。2万1000人収容のヨーロッパ最大の屋内イベント会場で、アメリカの人気歌手アリアナ・グランデのコンサートが終わった午後10時半ころだった。スマホ映像に、鈍い爆発音とともに、パニックになる会場の光景が写っていた。子供を含む22人が死亡、59人が重軽傷を負った。

駅に向かう観客の中で自爆

tv_20170524121121.jpg
 

   しかし、爆発は会場内ではなく外だった。アリーナと隣接するマンチェスター・ビクトリア駅との間の公共空間。会場内は厳重な警備が敷かれていたが、外は事実上無防備。コンサートを終わって駅へ向かう観客の真ん中で自爆したらしい。

 

   メイ英首相は、「テロは、最悪で吐き気を覚えるほど卑劣さが際立つ。死傷者の多くは子どもや若者です。そうした空間を殺戮の機会と捉えるような、歪んだ心の持ち主を理解できない」という声明を出した。

 

   司会の羽鳥慎一「爆発は、セキュリティーチェックがない場所で起こった」

 

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「チェックがあるところではやらない。しかし、チェックがなくて人が集まるところはいくらでもある。チェックには限界があると感じる」

 

   羽鳥「狙ったのは、ソフトターゲット」

ISに感化された若者がテロ

 

   浜田敬子(元アエラ編集長)「ヨーロッパで3月からテロが増えている。中東の専門家に調べてもらったら、トランプ大統領になってから空爆が激しくなって、シリアで大勢亡くなっている。それでISが『立ち上がれ』と呼びかけている。これに感化された若者が、自分たちでできること、というので個人の感情でテロをやっていると。これだと取り締まれない。根本を解決しないとこの状態が延々と続く」

 

   玉川「元はイラク戦争にたどり着く。だからヨーロッパの各地でなんとかしようとしても、解決しない」

 

   羽鳥「日本の警備はどうか」

 

   宇賀なつみアナ「屋内は金属探知機などがあるが、屋外は交通整理程度」

 

   玉川「地下鉄は、新幹線は、渋谷の交差点は。安全保障の要諦は敵を作らないことという。テロとの戦いに飛び込んでいった結果がどうなったか、もう一度、考えなおしたほうがいい」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中